2008年06月04日

ペ・ヨンジュンNHKで記者会見

200806041936355194680A_5.jpg

韓流スター、ペ・ヨンジュンさんらがNHKで記者会見を行いました。


200806041936355194680A_6.jpg

03050261_20080605.jpg

ペ・ヨンジュン記者会見(動画)

ペ・ヨンジュン記者会見(動画)

200806041935445181260A_1.jpg

韓流スターペ・ヨンジュンが4日日本,東京で記者会見を持って公営NHKを通じて人気の下に放送されている'太王四神記'に対する広報に出た。

渋谷のNHK放送センターで開かれたこの日会見には300人余りの内外信記者らが集まって,韓流スターとしての地位を実感させた。 ペ・ヨンジュンは会見場をいっぱい埋めた取材陣らに謝意を表して"常にさらに熱心にする姿を見せなければならないと考える"と念を押した。

200806041935445181260A_2.jpg

会見には太王四神記に共に出演した俳優ムン・ソリ,イ・ジア,そしてキム・ジョンハクPDが席を一緒にして,取材陣の質問に答えた。

200806041935445181260A_3.jpg

次は記者会見一問一答要旨.

--太王四神記のどんな部分を注目してくれたらと思うのか。

ペ・ヨンジュン=太王四神記は人々の真実とその人々が交わす愛が入れられた真正性あるドラマという気がする。 私の配役は権力を持ったにもかかわらずヌグハゴナ友人になることができる自由で水平的なコミュニケーションができる開かれた人,そしてこの時代で本当に必要とする指導者の姿でなかったかと思う考えだ。

200806041935445181260A_4.jpg

--ムン・ソリ氏は今回の初めて韓国TVドラマに出てきたと理解する。

200806041935445181260A_6.jpg

▲ムン・ソリ=大きい山の頂上を極めた時のような大きな感動があった撮影だった。 終るとどんなドラマでも挑戦したい自信ができた。 一生記憶に残る撮影だったようだ。

--イジアシは太王四神記がデビュー作であったのにどうだったか。

▲であることで=初めて演技することになって,すべてのことがあまりにも見慣れなくて難しかった。 先輩,監督,スタッフ皆さんが助けてやり遂げることができたと考える。 常に震えないで堂々としているとお言葉をたくさんして下さったが事実本当にたくさん震える。 今でも震えている。 そのように見て下さって感謝する。

--撮影が1年9ヶ月以上長かったが。 難しい点は何だったか。

PYH2008060407010007300_P2.jpg

▲キム・ジョンハク=企画から問い詰めれば3年で撮影だけ2年ほどかかった。 台本が早く出てきて演技者らが準備する時間がなければならなかったがそうでなかった物足りなさがある。 そして時間が長くなりながら,俳優らとスタッフらのあいだ緊張感など困難があった。 最後にきながら,アクションが多いと見ると多くの俳優らが負傷したことなどが難しかったようだ。

--色々な所で撮影した。 どこが最も良かったか。



ペ・ヨンジュン=どうしてもメイン セットがあった済州道(チェジュド)が一番良かった。 美しい島だ。 空気も良い。 大変だったが楽しく撮影した。 一箇所さらに申し上げれば忠北(チュンブク),丹陽(タニャン)もとても良かった。 心も安らかになりえた。

--ドラマ内でイジとムン・ソリが対照される。 個人的にどうである側が良いのか。

PYH2008060407020007300_P2.jpg

ペ・ヨンジュン=先ずはみな良いようだ。 幾何(ムン・ソリ)はドラマで私と恋人関係なので前ですることができたし,受診(イジ)は恋人よりは友人なので私が陛下であるから用心深くて,後から少し表現できないどんな感情を表現するようだった。 ところで,今考えたことですが前ですることがより良いと思います。

--台湾でも見る。 台湾ファンたちのために挨拶してくれ。

ペ・ヨンジュン=まず私が台湾の家族らを訪ねることができなくて申し訳ない。 だがアジア家族らが一箇所一つになることができる良い時間を計画してみる。 台湾家族皆さん常に元気で幸せになるように望む。

--どんな考えで演技に臨んだか。

PYH2008060407030007300_P2.jpg

ペ・ヨンジュン= (ドラマ配役の)タントクを演技しながら,歴史的実存人物で偉大な人物なので2年の間多いことらを習えたし私が成熟されることができる作品だったと考える。 私とタントクと共通点を探すならばとても偉大な人物なので...ところでどんな責任感を感じるという面では男たちの共通点だったようだ。 孤独さに対しては事実タントク周囲もそうで私の周囲にも全てのものを信じて任せて依存できる友人がいて孤独さをそのようにたくさん感じなかった。


--太王四神記が日本で関心が多い。

PYH2008060407040007300_P2.jpg

ペ・ヨンジュン=まず今日このようにたくさんきて下さって感謝申し上げる。 ネチズン,視聴者皆さんに感謝申し上げる。 これからドラマがおもしろくなるから楽しく見られたら良いだろう。 今後もより良い姿,演技見せられるように努力する。


▲ムン・ソリ= (ドラマ配役の)幾何の涙をたくさん愛して下さるのをお願いする。 その代わり次にはたくさん笑うドラマで皆さんを十分に笑わせて差し上げることをお約束する。


▲イ・ジア=演技経験がない私が大きい作品ができるようになってうれしかった。 太王四神記をたくさん愛して下さって(ドラマ配役の)スジンもたくさんかわいがって下さって可愛がって下さって本当に感謝申し上げる。

kp1_080604074400.jpg

▲金PD=歴史ドラマなので難しく受け入れる方多い。 それと共に勉強までしながら見られたことに対して感謝申し上げる。 感動受けている。 このドラマがこれからおもしろく繰り広げられる。 関心があるように最後まで見守って下さったら感謝する。


--ドラマで酒飲む場面が多い。 実際酒量はどれくらいなるか。


ペ・ヨンジュン=ドラマ上でスジンは酒を良く飲むが実際には飲めない。 そして私はとても良く飲む。 私より良く飲む青龍白虎が東京に一緒にきた。 ここに参加しないで昨日酒を飲んだという。


▲ムン・ソリ=制が分かることでは現高(オ・グァンロク)先生が雨を管掌する方だ。 水と関連したからか酒を水のように召し上がる方で知っている。

kp1_080604078500.jpg

▲金PD=ドラマが長いからなのか私が32年演出をするのに最も多い会食があったようだ。 最後まで俳優らとスタッフが残っていたことは頻繁な会食のためではなかったかという気がする。


--最も印象(引き上げ,人相)に残ることは。


▲金PD=長い時間だけに多いことらがあった。 現場で現場に移動して交通事故に遭って,病院に入院,長寿酒を飲んだ。 手術が終わらなかった状態でまた詰めの2ヶ月撮影して再手術に入ったのが思い出す。


ペ・ヨンジュン氏が最後の1週間,10日残しておいてある足跡も動けない時,ペ・ヨンジュン氏の代わりをして馬に乗る人が別々にあってこそという話でおりる人が別々になければならなくて相手方俳優に歩いていく人が別々になければならなかった。 果たして私たちがこれを終わらせることができるだろうかという瞬間そしてこれを私たちがやり遂げたとのことが記憶に残る。


ペ・ヨンジュン=制が申し上げたいのを監督が話した。 作品をしながら俳優ら,スタッフらと親しくなるのが難しいことなのにこの作品を通じては本当に良い実の弟(妹)も得たし実兄様も得たしまた(金PDを見て)そばにお父さんもおられて本当にとても良かった。 ご一緒して良かった。 もう一度機会があるならば監督と必ず作品をまたしたいと考える。 扮装チーム長,カメラ局長様,とても愛らしくて良い人らと作品を一緒にすることができるのが大きい楽しみだった。

PP08060400076.JPG

▲ムン・ソリ=撮影中からだに入れ墨をしていた。 毎日赤い色で2時間の絵を描いて撮影を出て行く。 ある日丹陽(タニャン)で2時間入れ墨を描いて出て行くのに雨が降ってできなくなった。 消すのに40分かかる。 みな消して家に行くのに日が晴れたとまた入れ墨をそんなにとして大変に入れ墨を描いた。 撮影しにでかけるのにまた雨が降るといった。 その日三度そして三度消した。 それでスタッフらが私の名前をムン・ソリでなく非声と呼んだことがある。 スタッフらが苦労した思い出す。

PP08060400075.JPG

▲イ・ジア=タントクと馬車に乗って行って肩をポンとたたきながら'オイ'と挨拶する場面があった。 先輩(ペ・ヨンジュン)肩にスズメバチが座っていたがそれを知らずに私がポンとたたいて,とてもくやしかった。 先輩を尋ねようとしたスズメバチが私を尋ねた。 私が代わりに飽きたが,監督とスタッフ皆さんが私をからかったよ。 'もう目がくらむようなの'といいながら40分程度撮影をしたが,ますます乱れた。 監督が'ここまでマヒがくるから'とからかうこともした。 40分後に倒れて病院に行って,解毒剤を2台合って目覚めたのが最も記憶に残る。

200806041936355194680A_8.jpg

↓この記事を見ている人は他にもこんな記事を見ています

韓流ショップの携帯サイトがオープン

ペ・ヨンジュン動画集随時更新中!

その他のペ・ヨンジュン関連ニュース

太王四神記無料視聴

ペ・ヨンジュン関連商品






posted by kazu at 21:29 | Comment(0) | TrackBack(0) | ペ・ヨンジュン
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。

この記事へのトラックバック
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。