2008年06月01日

ペ・ヨンジュン3年振りのインタビュー

200806012008561010_1.jpg

韓流スター、ペ・ヨンジュンさんが本日、「太王四神記プレミアムイベント」後、約3年ぶりにインタビューに答えました。


200806012007133103821A_2.jpg

ヨン様ペ・ヨンジュンが国内記者らと映画''外出''以後3年ぶりにインタビューを通じて,次期作および今後活動計画に対して明らかにした。

ペ・ヨンジュンは1日午後2時から日本,大阪市京セラドームで進行された‘2008太王四神記プレミア イベント’後記者らと会って自身の結婚観と今後活動計画に対して公開した。 次は一問一答.

-今回の行事が格別だった点は。
▲映画‘外出’は4〜5ヶ月間とったかところで‘太王四神記’は2年を超えてとった。 撮影しながら,誕生日したがまたした。 そのように長時間作業を一緒にした監督様と俳優らと共にきたのがとても良かった。 イベント中間監督様と俳優らと共に車で移動した方が良かったようだ。 舞台の上でファンたちと目を合わせてすることがとても良かった。 すでにこういうものをすることをする考えた。

-(デジカメ)デジタル カメラを持ってしばしば撮影をするけれど。
▲写真を取るのが好きだ。 写真に対して好んで見たら深く勉強をしている。 家族らの姿を心や胸と記憶するだろうが写真で残したかった。 また一つまだ公開してはいけないことなのに写真に対するものがある。 写真を通じて,大韓民国はこういう国だ。 韓国という国に対してアジア家族らに広く知らしめたい。 ‘大韓民国はこういう国だ’という記憶をするために本を作ろうとする。 写真を直接撮ろうと習っている。 私たちの名勝地や有名なところを通いながら,直接写真を撮ることで出版するだろう。 まだ具体的な計画に対しては他の人が分かればまねるから具体的な内容に後ほど公開する。 その本は大韓民国を紹介する本になるだろう.

-ヘアースタイルはいつまで長い髪を維持するつもりなのか。
▲作品決定されれば作品に合うようにヘアースタイルを変えようとする。 髪が長いから閉じるのも止めるのもシャンプーもたくさん入って浪費が多いようだ。

-今日行事中最も感動の場面は。
▲監督様と共に車に乗って通いながら,ファンたちと直接目を合わせながら,心を知ることになった。 ファンたちの心を知ることになりながら,目(雪)が少なくて入るようだった。


キム・ジョンハク監督と不和説が飛び交ったが。
▲記者らのためだ(笑い). 本当に何の問題ない。 私たちのこのように親しい。 不和は本当にない。 パク・ソンウンこのフィリップが来ているが実の兄弟のように過ごしている。 監督様とも本当にふざけてお父さんと呼んで遠慮なく過ごす。 私のお父さんと似た点があるようだ。 監督様が本当に気楽にする部分がある。

-言論忌避症,報道機関とよく接触をしない理由はなぜ認可.
▲(言論忌避症(証))事実そのようなものがある。 (言論に)傷を受けた部分があるからだ。 敬遠したい部分がある。 以前にインタビューをしながら私がした話に対する意図をわい曲した部分があった。 記者らが単語に受け入れずに胸に受け入れたら良かったはずなのに。 言論に残念な部分がないわけではない。 韓流韓流と記事を書かなかったら良いと話をしたことがある。 また韓国で書く記事らが日本,中国など前アジアでみな見る。 韓国の記事を外国で受けて使ってそれをまた韓国で受けて使う。 韓国言論らがそのような部分にあって少しは責任感がなければならないと考える。 ほど良くない記事が出ればこれが日本など外国でそのまま出てくる。 それで結局私たちの俳優らのイメージだけ悪くなる。 そして韓流の代わりに‘アジア類’という話を作ってみればどうだろうか話をしたがそのような話は書くこともせず‘韓流危機論’そのような記事らだけがあふれる。 韓流という単語よりはアジア類に拡大して使えば良い。 また質が良いコンテンツを作るように良い方向で先導して導いていく記事を多く使ってくれたら良いだろう。

-や方もいて結婚は計画はいつ頃.
▲周囲の人々の友人らもほとんどみな結婚したし弟(妹)らもしたし結婚した。 結婚したいと考える。 ところで(結婚が)人思いのままにならない。 思い通りにならない部分だ。 ご両親も今は結婚を催促される。 3年内にしたいという考えがある。 紹介をさせてくれ(笑い).

-負傷が重かったが今状態は。
▲まだみな回復したのではない。 まだ歩くのが不便(不快)だ。 膝も不便(不快)で肩側(方)もそうである二ヶ月さらに見て手術をするようだ。 撮影当時全身が盛んなところがなかったが落馬事故(思考)靭帯出て行っていつも負傷に遭った。

▲キム・ジョンハクPD=最後の撮影4日残してはヨン様が分かったのも立つこともできないのに超人的な力を発揮して,撮影を終わらせた。 当時3人の対訳(帯域,代役,大役)が歩く人別々にあって馬に乗る場面別にとってした。 浮上(負傷)がひどすぎて助けられなければ1分以上立つことができない状況で撮影を終えた。 精神世界が驚くべきだ。

▲病院でも一生身体障害者になるという言葉をいった。 10日残してひどくケガした。 だが病院に行けなかった。 医者たちが明らかにする言葉を皆知るためだ。 ギブスをしなさいと言うだろうししなければ身体障害者になると話すということをとても明らかに分かるから病院に行かなかった。 ギブスをすれば撮影をできない。 最後にケガした時は10日だけ持ちこたえるべきだとしながら,撮影した。

とても痛くて,鎮痛剤を食べるのに不眠症に苦しめられなければならなかった。 最後の撮影を忠北(チュンブク),丹陽(タニャン)でする当時ソウルで点滴と注射薬を買って持ってきたが置いてくれる意志(医師)や看護師がなかった。 丹陽(タニャン)に病院がただ一つしかなかったが看護師が応急状況だと出て行けないといったし結局私が直接点滴と注射を直接置いた。 どのようにすることができたか恐らく超人的な力を発揮したようだ。 6番目に成功したようだ。

-アニメーション映像声の演技は日本語でするのか。
▲ひとまず韓国語ですることなのに日本語も考えてみるようだ。 来年初めKBSを通じて放送される。

200806012103471001_1.jpg



結婚は3年以内にしたい、撮影中は注射や点滴を自分でして、不眠症にも陥った、などマタマタ、話題になりそうな発言も見られますね。



↓この記事を見ている人は他にもこんな記事を見ています

韓流ショップの携帯サイトがオープン

ペ・ヨンジュン動画集随時更新中!

その他のペ・ヨンジュン関連ニュース

太王四神記無料視聴

ペ・ヨンジュン関連商品








posted by kazu at 21:02 | Comment(0) | TrackBack(0) | ペ・ヨンジュン
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。

この記事へのトラックバック
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。