2008年06月01日

太王四神記プレミアムイベント大盛況の内に終了!!(6月2日動画追加)

200806012102141001_1.jpg

韓流スター、ペ・ヨンジュンさんが出演した「太王四神記プレミアムイベント」が大盛況の内に終了いたしました。


俳優のペ・ヨンジュンが参加する「ドラマ『太王四神記』プレミアムイベント2008 in Japan」が1日、京セラドーム大阪で開催された。同イベントはドラマ「太王四神記」のNHK放映に合わせて開かれたもので、ペ・ヨンジュンのほかイ・ジア、ムン・ソリ、パク・ソンウン、イ・フィリップ、オ・グァンロクら出演陣とプロデューサーのキム・ジョンハク氏が参加した。



約20分遅れでスタートしたイベントは、冒頭からペ・ヨンジュンがタムドクのよろい姿で登場、大歓声が上がった。

200806012059371001_1.jpg

オープニングでは十数人による迫力の殺陣シーンで会場を圧倒。キム・ジョンハク氏によるドラマの撮影秘話の後は、主題歌を作曲した久石譲氏の指揮によるオーケストラの生演奏が行われ、会場を「太王四神記」の世界へと誘った。


演奏後はペ・ヨンジュンをはじめ、イ・ジア、ムン・ソリ、パク・ソンウン、イ・フィリップ、オ・グァンロクが登場し、トークショーを繰り広げた。

200806012056541001_1.jpg

さらにサプライズとして出演者がステージカーに乗ってアリーナを1周、会場は興奮の坩堝と化した。ペ・ヨンジュンはカメラを手にし、ファンの姿を撮影していた。

最後は各出演者が順番に登場、今後の予定などをコメントした。ペ・ヨンジュンは「ペーハー(陛下)!」という会場の呼びかけに応えて登場。今後の活動を聞かれると、アニメ版「冬のソナタ」で声優を務めること、さらに日本の漫画を原作にしたドラマを企画中であることを初告知。

「『太王四神記』の撮影は本当につらかったが、アジアの家族の応援のおかげで諦めずに終えることができた」と感謝の気持ちを語った。

フィナーレは紙ふぶきが舞う中、出演者一同がステージに上がり、名残惜しそうに手を振ってファンに別れを告げていた。



・・・・・どうですか・・?まるでその様子が目に浮かぶかの様なレポートです。

でも、やはりヨンジュンさんの日本漫画原作のドラマ化の話は生きていたんですね。(←リンクをクリックするとその記事が見れます)

太王四神記プレミアムイベント進行内容

200806012102141001_2.jpg

14:20 真っ暗になった会場にペン ライトの海. ペ・ヨンジュンがタムドク衣装で登場! 大歓声! 笑う顔で手を振っている。 涙を流す観客も。

200806012059371001_2.jpg

200806012059371001_3.jpg


10人以上の多少現れた乱闘場面,会長は静まってみている。 びっくりさせる乱闘場面にミュージカル的要素があるオープニング.


14:40 from京セラ ドーム→キム・ジョンハク監督登場して,日本語で要人. 監督の撮影秘話に,笑いと感動と感謝.
ペ・ヨンジュンの演技に関する質問に監督は,「どんな俳優より条件があって,パーフェクトを望むので,初めにスタッフは怒っていました。 (笑い)ところがスタッフ皆はその姿勢を尊敬していました。 」と話した。


14:53 出演者ひとまず退場して,監督と壮大なテーマ曲を作曲した久石譲氏が登場. そして! そして! 何と世界最初のオーケストラによる実際演奏開始. 会場内を「太王四神記」の世界へ招く!

PS08060100004.JPG


15:15 スクリーンにドラマ シーンが映って会場は「太王四神記」雰囲気に包まれている。 5曲を演奏.


15:25 洗練されたタキシード姿でペ・ヨンジュン登場. 流暢な日本語で要人. 待った家族に感謝の言葉をした。 ムン・ソリ,イジアはトゥレスチャリムで登場. イ・フィリップ,オ・グァンロク,パク・ソンウンも登場.
このドラマで人気が急上昇したイ・フィリップは,蝶ネクタイにさわやかなブルーシャツで登場. 一層より大きい声援を受けた

200806012056541001_2.jpg


15:40 [再登場したペ・ヨンジュンの言葉]今日このように多くの家族が集まって下さってありがとうございます。 久しぶりに日本の皆さんとお会いできて,非常にうれしいです。 声援を送って下さる皆さんのおかげでまた日本にくることができました。 本当に幸せです。 ありがとうございます。  (会場は大歓声)



15:50 ペヨンジュンら出演者は撮影中エピソードや,タントクの役割に対する秘話を話す


16:05 パク・ソンウン,ウンギョンとの熱愛を認める。


PP08060100032.jpg

16:20 司会者から,「髪の毛が長くて,手入れが大変でないですか? 」という質問に,「どうしても皆さんにタントクの姿をお見せしたかった」といううれしいコメントに場内は大歓声. 「太王四神記」に使われた衣装でも,ペ・ヨンジュンが「重くて大変だった」とある鎧登場. 衣装を担当したデザイナーが製作秘話をいった。
ひとまず出演者などが退場して,いよいよこのイベントもクライマックスに! 司会者が話す最後の驚きの演出が何か期待されます!


16:40 挿入歌の「許諾して」を歌ったジュンソ登場. 「この物事になっていて光栄です」と感謝の気持ちをいった。 「許諾して」を熱唱.


16:50 いよいよクライマックス! ペ・ヨンジュンが下の方からステージ カーに乗って会場を回って,客席に接近の演出でサプライズ! 「はやくこちらにきて―」と場内総立. ペ・ヨンジュンは趣味のカメラを手に持って家族を忘れないように写真を撮りながら手を振って回っている。


17:00 入場の時に配付された白黒の特製ハンカチを揺さぶって大歓声. そのままステージ カーで退場していく。 「ヨンジュン! ヨンジュン! 」の大患性.


17:05 オ・グァンロク,イ・フィリップ,パク・ソンウンの順序で近況を話す。 オ・グァンロクは社交ダンスを見せて派手なステップで会場を興奮させた。 イ・フィリップは米国生まれだが,韓国語を熱心に勉強して,ドラマに出演した


17:10 次はイ・ジア登場. 「一番自身に近いのはジニとか」と話した。

200806012100341001_1.jpg


17:15 5回目はムン・ソリの登場. 最新映画「私たちの生涯最高の瞬間」と「太王四神記」の撮影が重なって苦労したことを話した。


17:20 最後にペ・ヨンジュン登場. 今後の予定に対しては「冬のソナタ」アニメーション版の声優を引き受けることで,日本漫画が原作作品に出るかも知れないと話した。
司会者が「ペ・ヨンジュン氏が好きですか? 」と会場に尋ねて,会場から「本当に好きです〜」の返事が。


17:25 「ステージ カーに乗って回りながら見ると,日本をはじめとして,韓国,台湾,ロサンゼルスなどの色々な国から(家族らが)集まって下さったのを知ることになりました。 非常にうれしかったです」と話した。
「いつも皆さんと会えば,お別れする場合には別れること惜しい気持ちになります」とも話した。


17:30 ひとまず退場してまた登場. 客席に紙切れが踊ってフィナーレ. キャストや監督が手を振っている。 会場内には「太王四神記」音楽が流れている。


17:35 最後に出演者全員がステージ左側最後に行って手を振って,また右側最後に行って手を振る。 予定時間を少しオーバーで,終了.

太王四神記プレミアムイベント2008動画



↓この記事を見ている人は他にもこんな記事を見ています

韓流ショップの携帯サイトがオープン

ペ・ヨンジュン動画集随時更新中!

その他のペ・ヨンジュン関連ニュース

太王四神記無料視聴

ペ・ヨンジュン関連商品




posted by kazu at 19:25 | Comment(0) | TrackBack(0) | ペ・ヨンジュン
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。

この記事へのトラックバック
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。