2008年06月01日

いよいよ本日!「太王四神記プレミアムイベント」開催!!



「太王四神記プレミアムイベント」いよいよ始まります!!すでに会場廻りはグッズを求めての徹夜組を含め大変な熱気に包まれているようです。


来日中のペ・ヨンジュン(35)が31日、京セラドーム大阪で、1日に開催されるNHKの主演ドラマ「太王四神記」(土曜午後11時10分)のイベントのリハーサルを行った。午後4時ごろ、イ・ジア、ムン・ソリら共演者とともに会場入り。黒い帽子にサングラス姿で、笑顔を見せながら、熱心に取り組んだ。

昨日のリハーサルの様子(画像はクリックすると大きな画像で見られます)

ALL PHOTO FROM 百度.com

75d682afe1d0e5d87dd92a66.jpg

37c48518af25921334fa4166.jpg


 大阪市内に宿泊中のヨン様は、来日した30日夜もホテル内の和食店で食事を済ませるなど、リハーサルまで静かに部屋ですごしたという。

ホテル周辺には、一時、ファンが数百人集まり、警察が警備に乗り出した。ドーム周辺にも朝から多数のファンが詰めかけ、リハーサル入りするときは1000人以上が待ち受けた。関西地区以外から駆けつけたファンも多く、同市内の大手ホテルが「(ヨン様来日の)影響かどうかは分かりませんが、すでに満室でございます」と話すなど、“特需”をうかがわせた。

本日の会場周辺の様子

5721d3bfab99c81e19d81fc2.jpg

a0ee46ee6c761defb2fb95cd.jpg

グッズ売り場に並ぶ人達

d0086230_1016582.jpg

限定販売のパンフレット

d0086230_10261373.jpg

d0086230_10261316.jpg



そのほかに今回のイベントに関してはこんな報道も・・



ペ・ヨンジュンをはじめとして,ムン・ソリ二至背中俳優らは無報酬出演だ。 戴冠料など行事費が40億ウォンが入るのに入場料収入は25億ウォンに過ぎない。”

ヨン様ペ・ヨンジュンが3年ぶりの日本公式外出で話題になった‘2008太王四神記日本プレミアム イベント’行事に無報酬出演をする。 ペ・ヨンジュンだけでなくムン・ソリ二至背中出演俳優皆ドラマ広報のための席であるだけ別途の収入(輸入)はないという。

ペ・ヨンジュンをはじめとして,ムン・ソリ二至キム・ジョンハクPDなどは6月1日午後2時日本,大阪市京セラドームで進行される‘太王四神記’(以下太社期)関連イベントには姿を表わす。 この行事入場料は8,000円(ハンファ約7万6,000ウォン). 3万5,000席が売り切れた状態. ここに日本全域の劇場を賃貸して,衛星で行事を生中継する。 ここに5,000人が入場する。 だがこの入場料は劇場戴冠料と衛星中継を除けば損害だ。

今回の行事のある関係者は“ペ・ヨンジュンをはじめとして,ムン・ソリ二至背中すべての俳優らが無報酬に出演する。 ドラマ広報のための寝ましょう。 入場料収入が25億ウォンだが,実際行事費は戴冠料など40億ウォンに達する”と明らかにした。 さらにこの行事には80人オーケストラをはじめとして,超大型イベントが準備中だ。

韓国からきた俳優とスタッフだけ50人余り. 今回の行事のためのスタッフやはり100人に達する。 これらの航空料と滞在費程にもものすごい金額が必要とされる。

ある要人は“15億ウォン程度の損失費用は外部協賛と広告などで満たす。 また行事場所周辺で販売される各種MD商品収益で損失を保全する”と耳打ちした。

それと共にこの関係者は“他の韓流俳優の場合ファンミーティング行事入場券が最小1万円(ハンファ9万5,000ウォン)で1万2,000円(11万4,000ウォン)に達する。 ペ・ヨンジュンは今回の行事をファン(パン)らのための席と考える。 このために最小限の費用だけ受けた”と伝えた。

一角で‘ペ・ヨンジュンが日本ファンミーティングや各種イベントなど数億で10億台の行事料を取りまとめる’といううわさに対してこの関係者は“ペ・ヨンジュンはファンミーティングやイベント行事を通じて得た収益がない。 純粋にファン(パン)らのためのサービスと考える”と公開した。

収益が出ない行事を何故するだろうか。 これに対してキム・ジョンハクPDは“今回のイベントはドラマ‘太王四神記’を日本ファンたちに知らせる寝ましょう。 現在9回放送になったが今回のイベントを通じて,広報がなることで視聴率も高まって衰えていく韓流に火種を新しくつければという風で行事を企画した”と明らかにした。

一方ペ・ヨンジュンとムン・ソリ二至このフィリップ,パク・ソンウンなど‘太社期’出演俳優らは日本プレミアム イベントのために5月30日大阪市に到着した。

ペ・ヨンジュンの日本入国当時大阪,関西空港には彼を迎えるために6,000人余りのファンたちが雲のように集まった。 これらはペ・ヨンジュンの入国前日の29日から空港で夜を明かすかと思えば1,000人余りのファンたちは列をつくって,空港内入場券を発券受けることもした。

30日午前急激に,ファンたちが集まりながら,結局空港内4,500人を含む,総6,000人余りのファンたちがペ・ヨンジュンを待った。

ペ・ヨンジュンを前で見るための一部席は抽選を通じて,配分されたという。 この日現場に集まった日本ファンたちは事前準備した"ヨンジュン氏たくさん待ちました。 歓迎します","ようこそおいで下さいました。 笑う姿が常に忘れられなかったです"等懐かしさが入れられたプラカードを入っていて目を引いた。

日本フジTV,TBS,日刊スポーツなど数多くの言論媒体らの現場取材熱気が熱い中ですでに日本のフジTVなどはペ・ヨンジュンの入国を生中継した。



ペ・ヨンジュンさんらしい一本筋の通った考えですね。そう感じました。

↓この記事を見ている人は他にもこんな記事を見ています

韓流ショップの携帯サイトがオープン

ペ・ヨンジュン動画集随時更新中!

その他のペ・ヨンジュン関連ニュース

太王四神記無料視聴

ペ・ヨンジュン関連商品



posted by kazu at 11:39 | Comment(0) | TrackBack(0) | ペ・ヨンジュン
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。

この記事へのトラックバック
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。