2008年01月06日

ソン・スンホン「宿命」撮影終えて感想語る



韓流スター、ソン・スンホンさんが映画「宿命」撮影を終えた感想を語りました。


映画'宿命(監督キム・ヘゴン製作(株)MKDK)'で既存のやわらかいイメージで強くて荒っぽい男で演技変身を試みたソン・スンホンが最近映画撮影を終えた感想を伝えた。

'宿命'は一時友人(チング)だったが背信と葛藤を経ながら,以後敵で会う四人の男の人生談を描いた作品でソン・スンホン,クォン・サンウ,パク・ハンビョルが主役を演じた。

劇中ソン・スンホンは信じた友人(チング)‘チョルジュン(クォン・サンウの方)’に裏切られて,心の傷を負った後再び自身を揺るがすチョルジュンにこらえられない怒りをさく烈させながら,深々と隠しておいた野性を爆発させる。

ソン・スンホンは"劇中'キム・ウミン'は友人(チング)に裏切られた怒りと悲しみなど複雑な感情を繊細に表現しなければならない難しいキャラクター"と"既存のやわらかいイメージから抜け出して,演技領域を広げることができる機会と見なされて,必ずしてみたかった"と伝えた。

引き続き"良い作品で会えたとのことに感謝する"や"心より撮影に臨んだ"と付け加えた。

一方,ソン・スンホンとクォン・サンウ他にも最近軍除隊後ドラマに出演中の知性(チソン)が友情出演したこの作品は来る上半期封切予定だ。



↓この記事を見ている人は他にもこんな記事を見ています

ソン・スンホン動画集

ソン・スンホン関連商品




posted by kazu at 11:34 | Comment(0) | TrackBack(0) | ソン・スンホン
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。

この記事へのトラックバック
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。