2007年12月20日

「太王四神記」主演がペ・ヨンジュンでなければならなかった本当の理由



韓流スター、ペ・ヨンジュンさんが太王四神記にキャスティングされた理由が記事になっています。


今月初終映された MBC ドラマ ‘太王四神記’は中国東北公正に対立して高句麗広開土大王と言う(のは)示意性強い素材を選択して民族自負心を鼓吹させて消える寒流の花火をまたくべる魅力的なエントテイモント商品で生まれかわらなければならないという目標を抱いて出発したドラマだった. 特に広開土大王を新しく再解釈してドラマを成功的に導いたベ・ヨンジュンは二つの標点に到逹するための核心カードに選択されたがキャスティング当時には少なくない論難があった.

‘太王四神記’の共同製作社と同時に投資, 配給, マーケティングなど関連ビジネス全般を遂行した SSDの金依準代表は最近ニュース円とのインタビューで “俳優ベ・ヨンジュンと広開土大王の間イメージの間隙が大きいという理由を聞いて多くの人々がこのキャスティングに疑問符号をつけたが私たちはベ・ヨンジュンではなければ代案がないという考えが確固だった”と明らかにした.

金代表は “一応金鐘学監督様が広開土大王と言う素材を選択してファンタジージャンルと結合したことだけでも既存ドラマより規模が大きくなるしかない作品だった. したがって ‘太王四神記’のようにリスクが大きい作品の場合企画意図や作品がいかに良くてもそれに相応する資本の還収構造が作ることができなければ産業的に成事になりにくいプロジェクトだからすべての部分にあって徹底的に経済的な部分を考慮して点検する作業が必要だった. それでいわゆる数えられる国内トップ俳優たちをおいて国内外収益創出構造を細密にシミュレーションして見た”と打ち明けた.

金代表は “シミュレーション作業をして見たら各俳優たちごとにやりこなすことができる規模が出ていたよ. そんな意味でベ・ヨンジュンさんキャスティングは確かに経済的な部分が考慮されたことは事実だ. また自体分析をして見た結果アクション側に卓越な才能を持った俳優に把握されたがベ・ヨンジュンさん自らもアクション側に相当な自信感を持っていた. 特に映画外出‘ 以後次期作でブロックバスターがほしかったからお互いに自然に関心を持つようになった”と言った.

金代表はベ・ヨンジュンが ‘外出’を撮っている当時ニュージーランドに飛んで ‘キングコング’を撮っていた CGチームスタップたちと会う席にベ・ヨンジュン所属社代表をお供したし以後日本の久石組と映画側超特急スタップ陣が構成される過程たちやはりベ・ヨンジュンに正確にブリーフィングされた.

金代表は “ベ・ヨンジュンさんは知られたように完壁主義に近い位とても几帳面な人だ. だからすべての部分が完全に結合されない状況で出演決定をする人ではない. もちろん金鐘学監督とソン・チナ作家など俳優の立場でしたい人に対する意志が大きかったがプロジェクトの進行状況と多くの可能性に対して几帳面な確認過程を経った後出演意思を打診した”と言った.

↓この記事を見ている人は他にもこんな記事を見ています

ペ・ヨンジュン動画集随時更新中!

その他のペ・ヨンジュン関連ニュース

太王四神記無料視聴

ペ・ヨンジュン関連商品





posted by kazu at 21:35 | Comment(0) | TrackBack(1) | ペ・ヨンジュン
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。

この記事へのトラックバック

ペ・ヨンジュンの掲示板大荒れの原因:きりが無い
Excerpt: 女性達が揉める原因の非常に多くを占めている理由→公平じゃない。 また、この公平・公平じゃないという基準が極めて曖昧で独善的で、間に入っている方々はお気の毒としか言いようがありません。 今、韓流好き..
Weblog: 韓流徒然草~つれつ”れなるままに~
Tracked: 2007-12-20 22:27
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。