2007年12月04日

太王四神記、最後の撮影は涙・涙・・。



韓流スター、ペ・ヨンジュンさん主演「太王四神記」の最後の撮影の様子や撮影後の記念写真などが紹介されています。


04210636937_60800030.jpg

以下引用

全身に負傷に遭いながらも,最後まで撮影を成しとげたペ・ヨンジュンとキム・ジョンハク監督が5分間抱きしめて嗚咽したMBC '太王四神記'の最後の撮影が終えられた。
これらは全身に痛みを甘受しながら,撮影を終えたし結局二人とも病院に入院して,その間我慢してきた肉体的苦痛と精密診断を受けなければならない難しい状況に置かれた。 それこそ戦争のようなドラマだったとの評価だ。

企画から仕上げまで3年,400億代作(大作)'太王四神記'は2日京畿道(キョンギド)華城(ファソン)魚道で24回戦争シーンをとることで最後終止符を打った。

最後の撮影分はア不乱社の入口を防いでいるホ犬と息子を探すためにア不乱社で進撃する太王の対決場面. その誰よりつっかい棒になったいとこで友人であったホ犬と太王の最後の対決は悲壮美が漂いながら,撮影会場を厳かにさせたと.

撮影が終わるや太王役のペ・ヨンジュンはドラマの中で対立点をたてながら,唯一危険な場面だけを一緒にしてきたユン・テヨンと熱い抱擁を分けた。 この日撮影がなかった演技者らも席を一緒にしながら,長い時間共に撮影しながら苦労してきた演技者らとスタッフらが共に交わって,団体写真を撮って涙を流しながら,長い時間を共にした友情を(確かめる)固めたりもしたと製作陣が伝えた。

04210809359_60800030.jpg

'太王四神記'は長い撮影期間により俳優らのあいだの友愛が特に格別で,使節で登場するオ・グァンロクとパク・ソンウン,フィリップ役のフィリップ,そしてパク・ジョンハクは‘使節同居トンナク’という意味の‘使童会’という集いを結成した。

5日最終回放映だけを残しておいているファンタジー叙事ドラマ'太王四神記'は韓国ドラマの新しい可能性を開いてくれた評価とともに大詰めの幕を下ろす予定だ。

引用ここまで(ノーカットニュースより)

↓この記事を見ている人は他にもこんな記事を見ています

ペ・ヨンジュン動画集随時更新中!

その他のペ・ヨンジュン関連ニュース

太王四神記無料視聴

ペ・ヨンジュン関連商品





posted by kazu at 22:24 | Comment(0) | TrackBack(0) | ペ・ヨンジュン
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。

この記事へのトラックバック
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。