2014年11月30日

イ・ビョンホン、イ・ジヨンと交際? 「メッセ-ジについては冗談だった」

201411241654770486_5472e67681b24.jpg

俳優イ・ビョンホンが裁判所に証人として出席、3時間以上の裁判での立場を明らかにした。

イ・ビョンホンは去る24日午後、ソウル瑞草区に位置し、ソウルジュンアンジ裁判所で開かれた「脅迫事件」2次公判の証人出席のために警護員とマネージャーなど6〜7人を同伴して、裁判所に姿を現した。

この日の公判でイ・ビョンホンは、被告人席に座ったモデルさん、金さんと一緒に証拠として提出された「汚い」の動画を一緒に見た後、二人の女性を初めて会った経緯と脅迫を受けるまでの過程を示した。
モデル側が"交際している関係だった」と証拠にカカオトークメッセージを提示したが、イ・ビョンホンは「冗談だった」、「覚えていない」と否認したと伝えられた。

特にこの日の公判は、被害者であるイ・ビョンホンの証言過程で名誉毀損など2次被害が懸念されるという検察側の要求に応じて非公開で行われた。

3時間以上行われた裁判を終えたイ・ビョンホンは取材陣に「現状のまま誠実に回答したので、結果を待って」と言って法廷を去った。

先月16日に行われた初公判で二被疑者は、動画を口実にイ・ビョンホンに50億ウォンを要求した事実は認めるが、その過程と経緯など具体的な内容は、公訴事実と違うと主張している。

posted by kazu at 16:18 | Comment(0) | TrackBack(0) | イ・ビョンホン
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。

この記事へのトラックバック
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。