2014年11月24日

イ・ビョンホン取材陣殺到トイレに避難。

1416816132491.jpg

俳優イ・ビョンホン(44)が2次公判に証人の身分で出席し、ガールズグループグラムのメンバーダヒ(女・20、本名ギムダフイ)とモデル叔母(女・24)氏など三者対面した。
イ・ビョンホンはこの日の午後1時35分ごろ、ソウル瑞草区、ソウル中央地裁正門に姿を現した。 黒のスーツを着た李さんは、固い表情で裁判所に入って長蛇の列を打っている取材陣には軽く会釈を渡した後、足早に法廷に向かった。

イ・ビョンホンは、取材陣から「モデルさんとの関係を認めるか」、「モデルさんに不動産を買っうと話したのか」など、複数の質問を受けたが無返答で一貫して階段を介して5階の法廷で上がった。

この過程で、7人の警護員がイ・ビョンホンを取り囲む取材陣の接近を防いで大声が行き来もした。 イ・ビョンホンは、取材陣がついて付こう突然4階男子トイレに向かって約15分間避難しているが、裁判が開かれる直前の午後1時53分ごろ、523号法廷でいち早く入った。

2次公判の争点は、イ・ビョンホンとモデルさんの交際かどうかだ。 これらのモデルと歌手活動の過程で一定の収入がなく、経済的に困難にチョハジャイ・ビョンホン氏脅迫するために動画撮影をしようとするなど、計画的に犯行を飾ることが分かった。

しかし、李氏などは、イ・ビョンホンが先に接近して個人的な関係に発展して性交要求まで受けており、最初の家を買ってという意思を明らかにしたイ・ビョンホンが性交を拒絶しよう別れを告げたと主張している。

イ・ビョンホンの証人出席ニュースにネチズンたちは "イ・ビョンホンの証人出席、素敵でした偶然"、 "イ・ビョンホンの証人出席、結末が気になる」、「イ・ビョンホンの証人出席、証人であるだけなのに"、 "イ・ビョンホンの証人出席、本当に真実が気になる」などの反応を見せた。

posted by kazu at 22:04 | Comment(0) | TrackBack(0) | イ・ビョンホン
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
この記事へのトラックバックURL
http://blog.seesaa.jp/tb/409505498
※ブログオーナーが承認したトラックバックのみ表示されます。
※言及リンクのないトラックバックは受信されません。

この記事へのトラックバック
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。