2014年11月23日

イ・ビョンホン、24日の公判の証人出席。核心の争点は?

20141105003107_0.jpg

俳優イ・ビョンホンが24日脅迫事件公判に証人として出席する。


イ・ビョンホンは24日午後2時、ソウル中央地裁で開かれることをグループグラムのダヒと叔母氏公判に証人として参加する予定だ。 ダヒと李さんは私的な席で撮影した動画を口実にイ・ビョンホンに50億ウォンを要求している暴力行為など処罰に関する法律違反(共同恐喝)の疑いで起訴された。

前検察は先月16日開かれた初公判で、被害者であるイ・ビョンホンを証人として申請した。 しかし、イ・ビョンホンは先月20日、米国のスケジュールを消化するために出国、当初予定された11日の公判に出席が難しかった。 イ・ビョンホンは、公判が11日、24日に延期されると、証人出席を決意し、21日に帰国した。

イ・ビョンホンは、帰国後、公判に出席を控えてじっくり準備をしてきた。

2次公判はイ・ビョンホンが参加することにし、プライベートになる可能性が大きくなった。 過去1次公判は両方の主張が濾過なしに出て、物議をかもした。

2次公判ではモデルさん側が主張した交際するかどうかが最大の争点になると予想される。 李氏側は初公判で計画犯罪ではないと主張するために交際説を最大限に浮上した。

李氏側の弁護士は、「イ・ビョンホンがさんに性関係を要求しさんがこれを拒否しよう」を停止会おう」という趣旨のメッセージを送った。また、李氏は、最初にイ・ビョンホンに家を買ってくれとお願いしていなかったし、イ・ビョンホンが先さんに家を買ってと言っ提案した」と主張した。

これと関連し、裁判所は、「被疑者の一方的な主張」と線を引いた。 イ・ビョンホン側は李氏側の主張に対して「全く事実無根」と反論した。 それだけに2次公判では李氏側の既存の主張とイ・ビョンホンの反論が続くものと見られる。



また、李氏とダヒ側でイ・ビョンホンとこれらの出会いを手配してくれたAさんの証人として申請しただけAさんがどのような証言をすることが変数になる見通しである。

李さんとダヒは1次公判後、裁判所に次々に反省文を提出し、善処を訴えている。 二人の心境が変化して、既存の主張を変えたことが見えない。

果たしてイ・ビョンホン脅迫事件がどのように仕上げされるか、2次公判への関心が高まっている。

posted by kazu at 12:55 | Comment(0) | TrackBack(0) | イ・ビョンホン
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。

この記事へのトラックバック
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。