2014年11月17日

東方神起とJYJ、 'ビッグマッチ' VIPプレビューで会おう?

seiji20141114174459_P_03_C_1.jpg

かつて同じ船に乗ったが、今は別の道を歩いている東方神起(ユノ・ユンホ、チェガン・チャンミン)とJYJ(キム・ジェジュン、パク・ユチョン、キム・ジュンス)が再会する姿を見ることができる。
来る24日に予定された映画「ビッグマッチ」VIP試写会が熱いジャガイモに浮上した。 韓国を代表する芸能企画社であるSMエンターテイメントとシジェスエンターテイメントの間の微妙な駆け引きが捕捉されたため。

11月末封切りする 'ビッグマッチ'はVVIPのためだけにゲームを設計した天才悪役エース(シン・ハギュン)と競走馬として選択されたチェイクホ(イ・ジョンジェ)が都心を背景に繰り広げる巨大なゲームを入れた。 イ・ジョンジェが型を保存​​するために苦労しているプロファイターとして分でクォン・ボアは、彼ウムに導く謎の女性水耕役を引き受けた。 以外シン・ハギュン、イ・ソンミン、ギムウイソン、ベソンオ、ソンホジュンなど派手な出演陣を誇る。



ポイントは、イ・ジョンジェが所属しているシジェスとクォン・ボアの所属事務所SMの同だ。 二つのグループに分かれた東方神起のJYJがそれぞれ所属している両社は、これまで微妙な葛藤構造を続けてきた。

もちろん以前にも、SMとシジェス所属俳優たちがした作品に出演している場合があったが、「ビッグマッチ」は少し異なっている。 これは、イ・ジョンジェとクォン・ボアが各社に占める存在感から始まる。 イ・ジョンジェは「泥棒たち」「新世界」「冠状」まで三打席連続ホームランを打って大勢の俳優としての地位をとったクォン・ボアは、現在活動中のSMアーティストの最古参の役割をしている。 これらの基を立てるためにも、かなりの人脈が動員されると思われる。

SMエンターテイメントは少女時代、スーパージュニア、シャイニー、エキソ、レッドベルベットなどの大衆音楽界を揺るがすアイドルスターたちが立ち並び、シジェスは、チェ・ミンシク、ソル・ギョング、イ・ボムス、ソン・ジヒョ、パク・ソンウン、キム・ガンウ、ラミーとなど演技派俳優たちでいっぱいだ。 イ・ジョンジェとクォン・ボアを応援する仲間スターたちの足で「ビッグマッチ」VIP試写会は、これまで以上に華やかなレッドカーペットが予想される。 特に東方神起とJYJ出席するかどうかは、最大の話題になると思われる。 これらは決別後、一度も同じ公式席上に登場したことがない。

VIP試写会の進行側にも敏感である。 イ・ジョンジェが主演であるだけにシジェスにもう少し良い席を割り当てることもできますが、SMエンターテイメントの顔色をサルピジざるを得ない。 自己 '最高'を自負するにどちらの手を簡単に聞き入れることができない。

一時ではあるが、両社の同居を「対立」だけで解釈することはできません。 むしろ「ビッグマッチ」が微妙な葛藤を解消する触媒の役割をすることもできる。 実際にイ・ジョンジェは、クォン・ボアが作品にキャスティングされる過程でかなりの助けを与えたことが分かった。 匿名を求めたある関係者は "SMとシジェスが対立しているように見えますが、実際には所属アーティストや働く従業員との間に特別な感情を抱いた者はいない。「ビッグマッチ」VIP試写会が不便に見えるのは、外部時刻であるだけ」と言った。

いずれにせよ、「ビッグマッチ」VIP試写会レッドカーペットは興味津々するものと見られる。 東方神起から始まった葛藤に見えない対立と競争を広げてきたSMとシジェスは「ビッグマッチ」をきっかけに、雰囲気の反転をもたらすことができるか。



posted by kazu at 21:34 | Comment(0) | TrackBack(0) | JYJ
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。

この記事へのトラックバック
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。