2014年11月08日

JYJキム・ジュンスのトスカーナのホテル、二ヶ月で売りに?

20907_27692_5337.jpg

東方神起出身の男性アイドルグループJYJのキム・ジュンスが済州島に設立されたトスカーナのホテルを売却する。 営業を始めてからわずか二ヶ月ぶりである。
韓国経済新聞は7日の報道で、金氏が済州島トスカーナホテルを売却することにして主管社を介して国内外の投資家と接触していると報じた。 売却対象は、去る9月に営業を開始した61室のホテル・プールヴィラ4棟と2次事業のために取得した不動産(2万6000u)などである。

業界では、売却規模を約500億円と予想している。

トスカーナは、済州島西帰浦市ガンジョンドンに位置する最高級のブティックホテルで、金氏が代表取締役社長兼主要投資家に出て話題になった。

敷地面積2万1026u規模の地下1階、地上4階、61室規模だ。 本館と超クールなプールヴィラ4棟で行われた。

客室はAタイプ(14坪)、Bタイプ(28坪)、Cタイプ(42坪)にコリアスタイルとトスカーナスタイル分けて、クラシックなインテリアを備えた。 プールヴィラ4棟は54坪と87坪二つある。

海を望むが可能なレストランとコーヒー&バー、屋外バーベキュー広場、ギフトショップなどの施設を備えている。 また、野外公演場と温水プールで、四季の水泳が可能な屋外プールは屋外カバナ施設を含めて、済州島で最大の規模で知られている。


▲JYJのメンバーキム・ジュンス

金氏が投資した金額は約285億ウォンで、これまで済州島に不動産投資をした芸能人の中で最大規模で知られている。

ハンギョンによると、金容疑者はホテル業の専門知識が不足しているうえ、本業の芸能活動に専念するために売却を決定したことが分かった。 追加投資の負担も影響を及ぼしたものと業界は見ている。

トスカーナホテルは2・3次事業を通じてホテルを増設する計画である。 2次事業は、敷地だけ購入した状況であり、3次事業は、敷地も買取していないことが百億ウォンの追加費用が予想される状況であったハンギョンは報道した。

トスカーナホテルは、済州島の投資振興地区に指定されて法人税・所得税の減免など優遇税制措置が大きい上、「キム・ジュンスのホテル」として知られて話題を集めた。

それほど済州を訪れる外国人観光客誘致のメリットが大きいものと業界は見ている。



posted by kazu at 09:56 | Comment(0) | TrackBack(0) | JYJ
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。

この記事へのトラックバック
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。