2014年11月03日

ペ・ヨンジュンが成功させた「1人企画会社「...未来は果たして?

28172_79015_4449.jpg

韓国の芸能事務所といえば「東方神起」や「少女時代」、「EXO」などが所属している「SMエンターテイメント」が有名である。 この他にも「BINBANG」、「2NE1」、「WINNER」がある「YGエンターテイメント」、「2PM」や「Wonder Girls」、「GOT7」が参加する「JYPエンターテインメント」などの大型企画会社を考えるようになる。
この他にも韓国の音楽業界は、最近のK-POPの人気のために、ある程度の規模を持つ企画会社が増えてきている。

一方、俳優たちの世界では、いわゆる「1人気フェクサ」と呼ばれる芸能プロダクションを運用するアーティストたちが少なくない。 アーティストの場合、媒体の露出以外にもアルバム制作やコンサートなどの専門スタッフなしで行うことができない難題が多いが、俳優の場合は、本人そのものが商品になるので、信頼できるマネージャーがあれば独立することも比較的容易に可能である。




しかし、いくら零細企画会社といっても法人で経営している以上、スケジュールや売上管理から契約、交渉、マーケティング活動など、さまざまな業務を必要とするので、誰にでもできることではない。

その後、日本のメディアWow Korea!で分析した所属事務所から独立して「1人企画会社 'を作成した芸能人を見てみよう。

まず、「ヨン様」と呼ばれる俳優ペ・ヨンジュンである。「冬のソナタ」など韓国ドラマが人気を得た中で、2004年に「BOFエンターテイメント」を設立して、「1人企画会社 'を始めた彼は、その後の資本を順調に増やし、2010年に今の「キーイースト」に変更した。「太陽を抱いた月」のキム・スヒョン、「花より男子」のキム・ヒョンジュン、「スリーデイズ」のソ・イヒョンの俳優が所属する上場企業に成長させた。 これはまさに「1人企画会社」の典型的な成功事例とすることができる。

2007年にはイ・ビョンホン、チャンドンゴン、チェ・ジウ、ソン・スンホン、ユン・ウネなどトップスターたちが続々と個人事務所を作って「1人企画会社黄金時代」を構築した。

日本で「病気様」と呼ばれる俳優イ・ビョンホンは2007年に数人のスタッフを連れて「BHエンターテイメント」を設立し、現在、「黄金の帝国」のコ・ス、「太陽を抱いた月」のハン・ガイン、「屋根部屋の皇太子」のハン・ジミン、「同伊」のハン・ヒョジュ、「明日もカンタービレ」のシム・ウンギョンなど人気俳優や女優が所属する俳優専門芸能事務所に成長した。

2009年には「主君の太陽」のソ・ジソプが「51Kエンターテイメント」を設立し、俳優兼アーティストとして活動しており、2010年には「アイリス」のキム・テヒが型課すとともに「ルアエンターテイメント」という企画会社を設立し、親の弟であり、俳優の弛緩も所属させて家族経営をしている。

一方、「1人企画会社」を設立したものの、再び専門芸能事務所に移す芸能人たちもいる。

2009年に自分の名前を会社名にして「1人気フェクサ」を設立したチェ・ジウは、今年2月から「BIGBANG」などが所属している「YGエンターテイメント」と専属契約を結んだ。

また、チョン・ジヒョンは、2010年から長い間のようにしてきたマネージャーと一緒に「J&Co」を設立し、新たな挑戦をしようとしたが、2012年には「文化の倉庫」という芸能事務所と契約した。

自分が設立した会社が大企業に買収されている場合もある。 俳優チャン・ドンゴンが2008年に設立した「AMエンターテイメント」は、独自の経営を続けてきた2012年9月に「SMエンターテイメント」の子会社である「SM C&C」に、合併された。

このように、韓国芸能界は、家族や何人かの知人と一緒に自由な芸能活動を享受するスターたちが比較的多い。 周囲の干渉を受けない「1人企画会社 'だけの魅力がありますが、実は欠点も少なくない。

業界内での影響力はもちろん、プロの経営者と経験豊富なスタッフと潤沢な資金を武器に海外の推進などのインフラを事前に備えている「大企画会社「だからこそ可能なことがある。

アーティスト自ら経営に参加して少数精鋭の個人事務所を率いて大企画会社をフォローするどうしても本業が疎かになるという致命的なリスクが存在する。

ペ・ヨンジュンのような利点を熟知して事業を展開して大成功をおさめることも不可能ではありませんが、少しでも間違えると俳優活動を再開しないようにするという懸念を無視することができません。

果たして韓流ブームがおさまった、今後も「ヨン様」や「病気様」のように「1人気フェクサ」で躍進するアーティストが表示されるのだろうか。

posted by kazu at 16:52 | Comment(0) | TrackBack(0) | ペ・ヨンジュン
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。

この記事へのトラックバック
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。