2014年10月29日

イ・ビョンホン側「2次公判出席するかどうかによっては、入国日決定 "

201436411413780932.jpg

俳優イ・ビョンホンとの私的な席で撮影した動画を口実に50億ウォンを要求して脅迫した疑いで起訴されたモデル・ジヨンが最初の反省文を提出して目を引く中で、イ・ビョンホンの裁判所に出頭するかどうかに関心が集まっている。
ソウル地裁側によ​​ると、イ・ジヨンは29日午前反省文を提出した。 事件以来、初めて反省文を提出したもので、彼の歩みにもっと関心が集まる。

ダヒも反省文を提出した。 ダヒは、過去17日から21日、22日、24日、28日、そしてこの日まで計6回目だ。

この中でイ・ビョンホン側は29日テンアジアとの通話で "イ・ビョンホンが2次公判に出席するかどうかはまだ未定」と明らかにした。 イ・ビョンホンは去る20日仁川(インチョン)国際空港を通じてカリフォルニア州観光局の広報大使日程に出席するため米国に出国した。 所属事務所の関係者は「出頭するかどうかに応じて、入国時期も決定されるものと見られる」と伝えた。

ダヒとイ・ジヨンは去る6月、ソウル江南区・ジヨンの自宅でイ・ビョンホンと一緒にお酒を飲んでいたのイ・ビョンホンが汚いしたシーンをスマートフォンで撮影した後、これを公開​​すると言って、50億ウォンを要求した疑いを受けている。 11月11日午後2時、イ・ビョンホンを脅迫した事件の2次公判が開かれる。



posted by kazu at 23:08 | Comment(0) | TrackBack(0) | イ・ビョンホン
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。

この記事へのトラックバック
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。