2014年10月26日

YGファミリ―コンサートin Taiwan

20141026000050.jpg

YGエンターテイメント(以下YG)の台湾ファミリーコンサートが2万3000人余りの観客を動員し大盛況を成した。


特に、今回の台湾公演は、韓国、中国、日本、台湾、シンガポールなど計5カ国、10回の公演に約40万人の観客を呼び集めた2014 YGファミリーコンサートの華麗なフィナーレ舞台となり、さらに意味を加えた。

25日台湾桃園カウンティスタジアム(Taoyuan County Stadium)で開催された 'とでファミリー2014ギャラクシーツアー:パワーの台湾(YG FAMILY 2014 GALAXY TOUR:POWER IN TAIWAN)」は、YGアーティストたちを見るために集まってきた地元のファンが会場を完全に充填盛況のうちに幕を閉じた。



2NE1の強烈な「CRUSH」の舞台に始まったコンサートは、「FIRE」「COME BACK HOME」などパワフルな舞台が続き、あっという間にこの雰囲気が盛り上がった。

2NE1の舞台が終わってエピックハイがムービングステージを介して登場すると、会場はまるで巨大なクラブに変わったかのように観客たちは熱い反応を見せて人目を引いた。 「FLY」と「どけ」、「LOVE LOVE LOVE」などエピックハイの舞台以来、ウィンナーが「GO UP」「空いているし」「スマイルアゲイン」などを歌ってコンサートの熱気を盛り上げた。

華やかなゴールドのスーツを着たビッグバンが登場すると、ビッグバン応援棒を持った観客が公演会場を黄金色に満たした。 ビッグバンは「一日一日」「BAD BOY」「FANTASTIC BABY」などのヒット曲パレードで観客たちの熱狂的な呼応に応えた。 台湾のファンは、来る11月4日トップの誕生日を事前にお祝いするイベントでトップに感動をプレゼントした。

サイは「RIGHT NOW」「GENTLEMAN」「江南スタイル」などのヒット曲パレードを披露し、観客に完全に中国語でコメントをして、大きな拍手を受けた。

アーティストごとの個性を活かしたコラボレーションステージは、別の見どころを提供した。 G-DRAGONとCLはCLのソロ曲「悪いギジプエ」を再編曲した「悪いモスムエ」と「メンブン」を一緒に披露して完璧な呼吸を誇っていた。 また、ウィンナーのソンミンホとダラはトップの「ドゥームダダ(DOOM DA DA)」の舞台を、ビッグバンテソンとウィンナーカン・スンユンは2NE1の 'アグリー(UGLY)」を、太陽とエピックハイは「目、鼻、口」を歌って風変りな舞台を見せてくれた。

全40曲のステージを4時間披露した今回のYGファミリーコンサートは、アンコール舞台に出演歌手たちがすべてのように舞台に上がって2NE1の「高アウェイ(GO AWAY)」、ビッグバンの「ファンタスティックベビー(FANTASTIC BABY)」、サイの世界的なメガヒット曲「江南スタイル」を一緒に歌って、最後まで派手で情熱的な舞台をプレゼントした。



posted by kazu at 14:22 | Comment(0) | TrackBack(0) | BIGBANG
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。

この記事へのトラックバック
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。