2014年10月24日

「イ・ビョンホン脅迫」デニス、また反省文の提出

201410201401253410_1.jpg

俳優イ・ビョンホンを脅迫した疑い拘束起訴されたグループグラムのデニスが裁判所に再び反省文を提出した。
24日、ソウル中央地方法院公式サイトを介してケース進行内容を照会した結果、デニスはこの日、手書きで書いた反省文を裁判所に提出した。 これは、17日、21日、22日に反省文を提出した後、第四だ。 デニスの反省文にどのような内容が盛られたのかは確認できない。 ただし、今回の事件について善処を訴える記事が書かれていると予想される。 来月開かれる2次公判で、反省文にどのような内容が盛られていることを言及しているようだ。

前デニス側弁護人は "デニスは親しい姉の李さんが凧イ・ビョンホンに別れを告げてもらおうけしからん心に動画脅迫に加担した」と明らかにした。 続いて、 "デニスは李氏からのビデオをパパラッチ媒体に動画を過ぎると10億ウォンを受け取ることができるという話を聞いて、これは公正な取引だと思った。イ・ビョンホンに動画を渡す代わりに、お金を受け取ることも取引であるだけで犯罪と自覚していなかった"と主張している。

デニスとモデル李氏は、暴力行為など処罰に関する法律違反(共同恐喝)の疑いで16日午前11時10分、ソウル瑞草区ソウル中央地方裁判所(刑事9部)西523号法廷で開かれた初公判に出席した。 被害者のイ・ビョンホンは出席しなかった。

この日二人は、動画を口実にイ・ビョンホンに50億ウォンを要求した事実を認めながらも、脅迫になった過程がイ・ビョンホンが主張するのとは違うと伝えた。 李氏側の弁護人は、「李氏はイ・ビョンホンと抱擁以上のことを分かち合う深い仲だった。イ・ビョンホンが主張するのとは異なり家は、まず買ってくれるとしていた方もイ・ビョンホンだ」とし「イ・ビョンホンがより深いスキンシップを要求し、李氏がこれを拒絶しようイ・ビョンホンこの別れをした。李氏は、傷ついた心に脅迫をしたものに過ぎず、最初からお金を目的としたイ・ビョンホンにアクセスしたことがない」と主張した。



posted by kazu at 21:11 | Comment(0) | TrackBack(0) | イ・ビョンホン
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。

この記事へのトラックバック
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。