2014年10月18日

チャン・グンソク、脱税容疑全面否認...定期的な税務調査であるだけ

10268_14337_4935.jpg

俳優チャン・グンソク(27)が国税庁から税金脱税疑惑で調査を受けている間、数十億ウォンの追徴金を一歩遅れて納付したことが確認されたという報道が出てきたチャン・グンソク側はこれを否定した。
同日、媒体は、IRSがチャン・グンソクの脱税情況を捕捉して、8月から2ヶ月間の調査を進めたと報じた。 その媒体は、チャン・グンソクが調査を受けている間、脱税を認めて追徴金を全額納付したと伝えた。

また、国税庁がチャン・グンソクの脱税情況を捕捉しても、意図的脱税ではないと判断し、「脱税額が予想より少ない」という理由で刑事告発しないことに決定したと主張した。

これチャン・グンソクの所属事務所の広報代理店ワイトリーメディア関​​係者は、「最近、国税庁の税務調査を受けたのは事実だ。 しかし、定期的な税務調査と認識しており、調査結果も出なかった。 したがって、追徴金も納付したことがない」と反論した。

チャン・グンソクは、脱税の疑いが初めて浮上した先月も「中国アジア・ツアー、ファンミーティングをはじめとするイベントに合法的な契約後のすべてのスケジュールを進行した」と疑惑を否定した。

一方、俳優ソン・ヘギョは、約25億ウォンの税金を脱税した容疑で、税務調査を受け、税と加算金を追徴されたことがある。




posted by kazu at 10:53 | Comment(0) | TrackBack(0) | チャン・グンソク
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。

この記事へのトラックバック
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。