2014年10月17日

「イ・ビョンホンイ・ジヨン公判」イ・ビョンホン、スキャンダルに染まった'ワールドスター'名誉見つけるか

image_readtop_2014_1289140_14126724631566968.jpg

俳優イ・ビョンホンがモデル・ジヨン、ガールズグループグラムデニスと暴露戦を続けている。 'ワールドスター'名誉まで墜落させたスキャンダルに困惑を受けるイ・ビョンホンの今後の活動はどうなるのか。
16日午前11時、ソウル中央地方裁判所刑事09単独の法廷では、スマートフォンの動画をインターネット上に流布するという口実で、イ・ビョンホンに50億ウォンを要求した疑いで起訴されたイ・ジヨンとギムダフイの1次公判が行われた。

ジヨンの法律代理人は「被害者の様子を収めたビデオで50億を要求したことは事実である。しかし、脅迫を目的に、被害者に近づくことはなかった」と主
章した。

続いて「李氏が最初にイ・ビョンホンにアクセスしたわけではない。連絡先も先に聞いてみた連絡も初めてだった。李氏を異性として好き以前から濃いスキンシップがあったと明らかにした」とし「イ・ビョンホンが継続的に深い関係を求めた。スキンシップ以上のセックスを要求したが、被害者側は、まず拒絶し、その過程で別れた」と暴露した。





しかし、イ・ビョンホンの所属事務所BHエンターテイメントは「性交要求はジヨンとデニスの一方的な主張に過ぎない。イ・ビョンホンの付加的な名誉毀損の被害が懸念される」と反論した。

ギムダフイの弁護人は、脅迫の事実は認めながらも、「動画を流布したり、これをもって脅迫するのは犯罪だが、経済的取引をすることは違法ではないと考えた」と主張した。

このように、三人の交錯した陳述に混乱を与えている中で、イ・ビョンホンは、今回の事件の被害者だと主張している。 しかし、あまりにも有名なスターであるうえにイ・ミンジョンと結婚して約1年ぶりに行われた日だからこそ国民は冷ややかな視線を送っている。

ため、イ・ビョンホンの今後の歩みも注目されている。 映画「ヒョプニョ、カールの記憶」「インサイダーたち」「ターミネーター5:ジェネシス」3編が封切りを控えているが、イ・ビョンホンの脅迫事件で、公開日も延期されている傾向にある。

その後、イ・ビョンホンはいつ頃大衆の前に堂々と立つことができるだろうか。 これと関連した関係者は、「時間が経てばある程度ながらのだろう」とし「大型配給会社は明らかにイ・ビョンホンが出てくる映画を投資してくれるのだ。大韓民国で身代金がこんなに高い俳優を拒むことがない。広告出演は無理かもわかりません、作品出演は大きな問題ではないだろう」と伝えた。

別の関係者は「(イ・ビョンホンが)今のところ韓国映画はないだろう。今後自粛する時間を持つことだ」とし、「ハリウッド映画に出演するのは問題ではないだろう」と述べた。

一方、検察は、次の公判にイ・ビョンホンと二人の出会いを斡旋した石氏を証人として申請した。 2次公判は11月11日午後2時に開かれる。



posted by kazu at 07:35 | Comment(0) | TrackBack(0) | イ・ビョンホン
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。

この記事へのトラックバック
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。