2014年10月16日

ジヨンモデル "イ・ビョンホンと、すでに抱擁以上の関係」と主張...イ・ビョンホンイ・ジヨンデニス法的攻防

SSI_20141001163520_V.jpg

俳優イ・ビョンホンを脅迫した疑いで拘束起訴されたデニス(20・本名ギムダフイ)とモデル・ジヨン(24)が、'50億ウォン '要求の事実は認めたが、いくつかの間違った内容があると主張した。
デニスと李さんは16日午前、ソウル中央地裁で開かれた初公判に出席した。 二人は暴力行為等処罰に関する法律違反(共同恐喝)で起訴された状態だ。 事件の当事者であるイ・ビョンホンは法廷に現れなかった。




二人はイ・ビョンホンに50億ウォンを要求した事実は認めたが、その過程で事実と異なる内容が知られたと声を高めた。 李氏側の弁護人は、「李氏はイ・ビョンホンと、すでに抱擁以上のことを割った仲だった」とし「イ・ビョンホンがより深いスキンシップを要求する過程で、李氏がこれを拒絶しよう別れを受けた」と述べた。

特にイ・ビョンホンはこれまで知られている違って家を買ってと言っまず李氏に提案したと伝えられた。 イ・ビョンホンが李氏にセックスを要求する過程で「最初の家を知っているように」というふうに話ということだ。

イ・ビョンホンの映像を撮ったことが分かったデニス側弁護人は "親しいお姉さんが翻弄あたりだと思うので、した」と述べた。 デニスと李さんはイ・ビョンホンの汚い映像をこっそり撮影した後、これを口実に50億ウォンを要求した。

一方、検察は来月11日午後2時に開かれた2次公判にイ・ビョンホンを証人として申請した。 検察の要求に応じて非公開証人尋問が行われる。 イ・ビョンホンは現在法廷出席するかどうかをめぐり議論されていることが分かった。

イ・ビョンホンモデルジヨンニュースにネチズンたちは "イ・ビョンホンイ・ジヨンデニス攻防解決なるように"、 "イ・ビョンホンイ・ジヨンデニス脅迫は間違って"、 "イ・ビョンホンイ・ジヨンデニス脅迫事件イ・ミンジョンがんばろ道」などの反応を見せた。



posted by kazu at 21:25 | Comment(0) | TrackBack(0) | イ・ビョンホン
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。

この記事へのトラックバック
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。