2014年10月11日

キム・ジェジュン、クモコンサートサプライズゲスト出演「義理」を誇示

image_readtop_2014_1300932_14129948601572630.jpg

歌手蜘蛛とグループJYJのメンバーキム・ジェジュンがコンサートのステージで再び会った。


11日シジェスエンターテイメントは "10日午後8時、清潭洞(チョンダムドン)であるアートホールで開かれたクモの小劇場の単独コンサート「Fall in Fall(ポルインポール)」にキム・ジェジュンがゲストとして出撃して粘着性がある義理を誇示した。 昨年キム・ジェジュンのソロコンサートのゲストで舞台に上がって一緒に公演を広げたクモのために、今度はキム・ジェジュンがクモの単独公演にサプライズゲストとして舞台に上がって観客に受けた事情を紹介して甘美な歌を披露するなど、和気あいあいとした雰囲気で会場を明らかにした」と伝えた。

キム・ジェジュンとクモは所属事務所の同僚であり、普段懇意な間で、今年1月に発売したキム・ジェジュンのリパッケージアルバムの新曲「ヘブン(Heaven)」を一緒にした縁がある。 また、キム・ジェジュンのソロコンサートにゲストとして上がっ相性呼吸を自慢して「幻想のデュエット」「双子の兄妹」という修飾語を得たことがある。

キム・ジェジュンはこの日、現場を訪れた観客たちの事情を受け、紹介するコーナーに参加して結婚を控えてプロポーズをする理由を紹介した。 男性の観客がひざまずいて告白する場面を同じように真似して観客たちの歓呼を催したりしており、首の状態が良くないにもかかわらず、自分のソロアルバム収録曲「化粧」を披露して熱を帯びた呼応を得た。

ゲストの舞台を終えた後、キム・ジェジュンは自分のSNSを介して「蜘蛛姉さんの公演ゲストに行ってきました。 風邪気味に歌う半小節だけ歌ってきました」というコメントと一緒にクモのオフィシャルフェイスブック(www.youtube.com/CJESGUMMY)にアップロードされた公演のリハーサル映像を一緒に掲載して最後まで温かさをかもし出した。 この映像は、映画「ビギン・アゲイン」OSTの「Lost Stars(ロストスターズ)」を呼ぶクモの公演リハーサル映像でクモだけの感性がそのまま感じられ、ネチズンの間で話題となっている。

一方、10日開かれたクモの最初の小劇場の単独コンサートは3時間余りの時間の間、観客たちの熱い呼応の中に盛況裏に開催された。 より近い領域で観客と友達のように話しあって秋の夜とよく似合う音楽を会ってみることができるクモの2番目の公演は11日午後6時、清潭洞(チョンダムドン)であるアートホールで会ってみることができる。



posted by kazu at 19:55 | Comment(0) | TrackBack(0) | JYJ
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。

この記事へのトラックバック
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。