2014年10月07日

イ・ビョンホンハリウッド進出の話聞いてみたら...

image_readtop_2014_1289140_14126724631566968.jpg

7日午後釜山海雲台のBEXCO第4展示ホール。 韓国と中国、日本の有名マネージメント社が一堂に集まった。
JYP、キーイースト、BHをはじめ、中国のでエンターテイメント、日本のアミューズメントエンターテイメントも参加した。 第19回釜山国際映画祭期間中開かれている「アジア・フィルム・マーケット2014」行事で行われた「アジアのスターキャスティングフォーラム」である。 「アジア各国マネジメント会社がお互いに情報を交換し、市場の違いを知りたいとする試み」で、今年初めて企画された行事だ。

各マネジメント社所属の俳優たちを紹介して、現在進行中の事業と今後の計画などを明らかにした。

JYPとキーイーストは去る2011年ドラマ 'ドリームハイ'を皮切りに、コンテンツ制作に足をらい音を強調した。 「ドリームハイ」は、韓国だけでなく中国などのアジア諸国でも関心を集めた。 続編まで製作されて愛された。

ピョジョンロクJYPエンターテイメント代表は「最近、中国と活発な協力を進めている。 映画「アイ・ワーナーホールド・ユア・ハンド(I wanna hold your hand)」を製作完了し、来年上半期封切りを目標にしている。 中国最大の動画共有サイトニューヨークツドへ一緒に作ったオンラインドラマ「ドリームナイト(Dream Knight)」も撮影を終え、下半期もしくは来年上半期要するトゥー助けに独占供給する予定だ」と明らかにした。 「子供ワーナーホールド・ユア・ハンド」の主人公は、新人である中国俳優ウィデフンなのに、JYPはウィデフンをはじめと中国の俳優マネジメントを積極的に進める計画である。

表代表は「「ドリームハイ」だけでも歌手が演技をするのはまれなケースでソクヘトヌンデ今は当たり前になっている」とし「現在JYP練習生40人のうち半分は外国人である。 ニックンは韓国で歌手になって、中国でドラマを撮って、タイでは映画、日本ではグループ歌手活動をするなど、アジア全体を背景に、さまざまな活動をしている」と述べた。 また「世界的に良い人材を選んでトレーニングし、彼らの能力に合うように活動しているシステムが構築されており、その中心には良い監督と作家たちも心配している部分が多いので、世界的に通用する「アジア類 'を作成することができる良質なコンテンツが出てくる機会が生じるだろう」と展望した。

2010年韓国支社アミューズ・コリアを設立した日本のアミューズのアーティストマネジメント&映像制作部門を担当する原田千秋も韓流ではなく、「アジア流」の発言に同意した。

原田は「日本でも10年前から歌と演技の境界が曖昧になっているが、韓国はミュージカルがよくされますが、日本ではならない。 素敵な声で歌を歌唱力を備えた歌手はいない」とし「歌と演技が上手なのが「アジア流 'を作成するときに韓国、中国と一緒に肩を並べることができる必要スキルだと思う」と指摘した。 また「アジアの優秀なクリエイティブと協力して良質なコンテンツを作ってほしい」と願った。 アミューズには、カンヌ映画祭審査員賞を受けた映画「その父となる」の福山雅治と「のだめカンタービレ」の上野樹里、グループパフュームとベビーメタルをはじめ、日中韓のメンバーで構成されたクロスジーンなどが所属している。 特にクロス真意寺田拓哉は、現在「異常会談」に出演して韓国でも高い認知度を積んでいる。

アジアだけでなくハリウッドでも活動する俳優渡辺謙が所属する日本K-DASHの常務取締役石渡友美は最近日本で公開された「ボイス・オブ・ウォーター」の主演を務めた日本の女優県里をこの日の行事に参加させて目を引いた。 石渡乗る "この映画はとても重い話を扱ったが、県里が見事な演技をこなしてインターネットで良い評価を受けた。 今後の活躍が期待される。 韓国だけでなく、他の国でも注目され得ることを望んして一緒に来た」と積極的に広報し、「まだ具体的ではないが、アジアで1〜2人程度通じることができる俳優を育てていきたい」と希望した。

米国最大のマネージメント社のいずれかであるCAAチャイナで2005年から5年の間に働いている最近の中国のでエンターテイメントを共同で設立したジェシカ・チェンは「中国マネジメント市場は成熟期であるが、中国全体のエンターテイメント事業は、初期とすることができる」とし、 「中国に合ったシステムでは、すべての分野を渉猟して、会社の発展の機会を作るだろう」と自信を見せた。 で、企業は、俳優だけでなく監督、作家たちとも専属契約を結んで中国、エンターテインメント業界で名を知らせている。

韓国マネジメント会社の発言も大きな関心を受けた。 俳優イ・ビョンホンをハリウッドに安着させたBHエンターテイメントの海外業務担当バクジョングン実装はハリウッド進出と関連したアドバイスをしてくれという要請に "俳優とプロダクションの関係を接続する通路が多いが、俳優たちが英語を話す知っておくべきことの最初のに解決されるべき問題」とし「言語を基本的に知っているその国の文化も理解しなければならない。 ように海外進出をすることができる」と述べた。 また、「ハリウッドの活動は、アジアのスターを米国に連れて行って、最初から、初心者のように再起動することを意味 "と"かなり新しい経験である。 自分たちが何をしているかどうか考察することにより、より良い機会にもなっている」と助言した。

韓国俳優たちがハリウッドで大作映画だけで顔を映すことの指摘も続いた。 主演も脇役もハリウッド進出がかなりあるが、商業だけ考慮した作品に出演という視線である。

パク室長は「プロジェクトの中には、私たちが必要なレベルではなく、ものも多い。 米国独立映画もTVドラマの座を奪われている状況」としながらも、「ブロックバスターだけでなく、独立系の映画でも良い役割をしたい気持ちは大きい」と述べた。 キーイーストのヤングンファン代表も「特定の作品にだけ出演するのは、受信機会がなく日もある」とし「韓国俳優も小さい役割、大きな役割を区別せずに参加したい」と述べた。 また「ハリウッドの大作からアジアの俳優を使う理由は、アジア市場が大きくなったので、彼らも商業的に利用するようだ。 それは私たちの意志とは関係ないようだ」と話した。 ヤン代表は、「英米圏進出計画はまだない。




機会があれば進出したい大きな市場だが、まずアジアをターゲットにし、すべての事業を進めている」と付け加えた。

8日後、「アジアフィルムマーケット2014」の最後の行事は、カン・ウソク、カン・ジェギュ、ユン・ジェギュン、キム・ハンミン外千万映画の製作者たちが皆参加する「千万メーカーフォーラム」である。 以来、アジアプロジェクトマーケット(APM)の授賞式にもつながる。



posted by kazu at 21:13 | Comment(0) | TrackBack(0) | イ・ビョンホン
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。

この記事へのトラックバック
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。