2014年10月05日

「韓流フェスティバル 'JYJ、2時間熱くした

201410052040772423_54312ed74f04f.jpg

グループJYJが永東大路を2時間熱くした。 まるで単独コンサートを連想させるように、泳動にはJYJの波にイルロンた。
201410052040772423_54312ed6a1b2b.jpg

JYJは5日午後7時からヨウンドンデに真ん中で開かれた第3回江南韓流フェスティバルの舞台に上がった。 JYJを見るために早目に集まったファンたちは、彼らの動き一つ一つを逃さないように分周した様子だった。

この日JYJは曲 'クリエイション」を皮切りに、「ビー・ザ・ワン」、「馬鹿ボーイ」を相次いで歌って序盤から雰囲気を盛り上げた。 三人が一つの舞台に上がって呼吸を合わせる姿だけでファンの歓声は高まった。

メンバーたちは「視聴に続き、野外コンサートは今回が2度目だ。それほど多く待っていた。楽しく楽しみながら遊んでいく」とし、「予想以上に広い。たくさん見つけてきて、本当に感謝している。いつから待ってたのか分からない。秋だから天気も寒いのに本当に感謝して、舞台が終わるまで楽しんでほしい」と江南韓流フェスティバルに臨む所感を明らかにした。

ユチョンは「以前に永東大路でイベントがあるたびに車が詰まって少し行ったことがある。だから、今日私たちがこの場を満たすされて心​​配していた。多くの方が来てくれて驚きだ。ファンではない方でも楽しく遊んでたら良いだろう "と話して笑いをプレゼントしたりもした。


この日のメンバーはソロ舞台を通じて多彩な魅力を披露した。 ジェジュンは「化粧」、「空を走る」、「バタフライ」を歌って歌唱力を披露した。 特に「化粧」を使用して濃厚な感受性を表わしてファンたちに感動を抱かれた。 コンプライアンスは「愛は雪の花のように」、「タランタルレグラ '、'インクレディブル」で歌唱力はもちろん、強烈なダンスまで披露して多様な魅力を披露した。 ユチョンは「あなたに期待」、「彼女と春を歩く」で、秋の天気にふさわしい成熟した男性美をアピールした。

JYJはファン一つ一つとコミュニケーションしようと努めた。 より近いところでファンと交感するために努力しており、まるでセレナーデを呼ぶように甘く熱唱した。 これらは「あるヘブン」、「レッドさん」、「ソソ」、「雨マイガール」、「バレンタイン」、「バックシート」など、これまで発売したアルバムのヒット曲をあまねく紹介した。

この日JYJの舞台はまさに総合ギフトセットだった。 さまざまな公演で鍛えられた完璧なショーマンシップと多様なジャンルの曲、派手なソロ舞台が繰り広げられ、多方面で観光をチェウォトギから。 複数着の衣装を着替えて、ビジュアル的に変化を与えようと努力した姿もファンには観戦ポイントになった。

同日泳動には早くから集まった国内外のファンたちに大変な混雑を成した。 JYJのグローバルな人気を立証するように、国内ファンたちはもちろん日本、中国、ヨーロッパ圏から集まった海外ファンたちも難なく見つけることができた。

201410052040772423_54312ed76aabe.jpg

今年で3回目を迎える「江南フェスティバル」は、毎年10月第1週に開催される江南区最大の祭りでファッションフェスティバル、国際平和マラソン大会、韓流フェスティバルと江南グランドセールが一つに統合されて泳動にを含む江南区全域で行われている行事だ。

これ公演関係者は最近 "安定しながらも、最も活発に韓流を続けさせているグローバルアーティストJYJの単独コンサートを通じ、国内だけでなく、世界中のファンが韓流を楽しむことができる場を作ろうと今回の公演を企画した」と説明した。





posted by kazu at 21:28 | Comment(0) | TrackBack(0) | JYJ
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。

この記事へのトラックバック
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。