2014年10月02日

'50億脅迫事件」イ・ビョンホンの受難の時代...広告露出減らし、映画公開先送り

66882146_2.jpg

まさにイ・ビョンホンの「受難の時代」だ。


汚い動画を口実にイ・ビョンホンに50億ウォンを要求した20代の女性二人が拘束起訴され、法の裁きを控えているが「事件」の後遺症はなかなか消えずにいる。 イ・ビョンホンがモデルで活動中のブランドは、イメージの露出を減らし、主演映画は封切り時期を調整している。

検察は9月30日、イ・ビョンホンを脅迫した歌手デニスとモデル叔母氏起訴し、これらの犯行模擬とその実行過程を比較的具体的に発表した。 しかし、これはむしろイ・ビョンホンと二人の女性の出会いの過程を詳細に通知する格好となった。

今後の裁判の過程では、両側の追加の立場の対立の可能性もある。 実際にイ・ビョンホンと「交際した」と主張しているモデルがさん側は1日スポーツ東亜と交わした電話通話で "捜査記録を見て、適切な方法を見つけることと思う"としながら "そっち(イ・ビョンホン)の立場を見て、今、私たちがどのように対応するか考えている」と言って議論の火種を残している。

広告界の雰囲気も尋常ではない。

イ・ビョンホンを掲げ、戦略的なブランド広告を展開したSSGは9月30日を最後に、当社のホームページでイ・ビョンホンの写真のほとんどを除去した。 SSGた関係者は「イ・ビョンホンを前面に出したイベントが9月30日に終わったからだ」とし、「消費者の反応を察して、画像の使用を検討している」と明らかにした。 また、他のブランドは、今月からイ・ビョンホンが出演したCF放映を再開する予定だったが、現在の事態を見守っている。

これに加えて、イ・ビョンホン主演映画「ヒョプニョ:カールの記憶」は、当初予定された12月封切り予定表を来年1月に再調整する状況。 今年の初めから「年末の期待作 'と映画を紹介した製作陣は「当初開封した日付を確定したのはなかった」と釈明しながらも、「イ・ビョンホン事態」を斜めに行くための対策作りに奔走した姿である。

一方では、公開の場でイ・ビョンホンを叱咤する声も出ている。 バクチャンジョン前議員は、自分のSNSを介してイ・ビョンホンの名前を挙げながら、「高い人気、莫大な富を蓄積した後、認定意識を持たなければならない」とひねることもした。



posted by kazu at 21:30 | Comment(0) | TrackBack(0) | イ・ビョンホン
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。

この記事へのトラックバック
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。