2014年09月29日

【スクープ】イ・ビョンホン脅迫事件、知られていない物語

201409020732_41180008641182_1.jpg

会いたいと思った。面会を2回適用し、面会希望を2回送った。そして、26日、3回目の面会申請のみに返信が来た。



"イ・ジヨンさんと、ソウル拘置所で09月27日11時40分に通常の面接予定です。"
彼女に会いたいと思った。確認したいことが多かった。しかし、会うことができなかった。ジヨンは再び面会を拒否し、彼女の口からは何も言わ聞くことができなかった。









モデル・ジヨンが俳優イ・ビョンホンを脅迫した。 「映像資料を公開する」とし、50億ウォンを要求した。ここまではすべて知られている事実である。



しかし、釈然としないコーナーもある。なぜ彼らは警察に届出をしていたのだろう。もし性的な羞恥心を感じた場合は、法的な手続きを踏むとなる。



つまり、50億ウォンを要求したきっかけと背景はまだ解けない疑問である。



彼らの出会いも謎だ。イ・ビョンホンの所属事務所は「去る6月、知人の紹介で知り合いなったが、1度も二人きりで会ったことはない」と線を引いた。



しかし、イ・ジヨンは、二人の関係を間接的に示唆した。自分のSNSにイ・ビョンホンからもらったプレゼントなどを上げることもした。



もちろん、今回の事件の本質は、脅迫である。しかし、犯行の動機も結果だけが重要である。イ・ビョンホンは、万人のスターであり、イ・ミンジョンの夫だからである。



「ディスパッチ」は、今回の事件を至近距離で見た側近3人に会った。既知のもの、そして未知のものを整理した。











@その日の夜、出来事。



その夜、イ・ビョンホンがイ・ジヨンに会った。この席には、「グラム」のデニスもあった。 3人はイ・ジヨンのノンヒョンドン自宅で席を移し、ワインを飲んだ。



お酒が落ちた。ジヨンがワインを買ってと言って席を空けた。部屋には、イ・ビョンホンとデニスだけが残るした。その間イ・ビョンホンはデニスに性的話を持ち出した。



イ・ビョンホンは、泥酔した状態であった​​。デニスの動画撮影も気づかないほどだった。そのような状態で性的羞恥心を誘発する質問を浴びせた



それが動画の全てだ。ジヨンの知人は「ディスパッチ」との出会いで、「動画は5つである。ほとんど性的な質問をするだろう」と述べた。








A4文字対面、4人が集まった



イ・ビョンホンはエンターテイメント業界の従事者Aさんを通じてイ・ジヨンを紹介された。 Aさんがイ・ビョンホンと同行し、ジヨンがデニスを連れて来た。彼らはほとんど4人が一緒に集まった。



Aさんの知人は「少なくとも3ヶ月以上会ったことで聞いた。ほぼ4人に似合った"としながら"しかし、事件当日には、Aさんがいなかった。3人だけだった "と伝えた。



それにもかかわらず、Aさんは、今回の事件の顛末を知っている1人である。動画も一緒に確認しました。それもそのはず、イ・ビョンホンが脅迫を受けたその日、Aさんに助けを要請した。



再度、問題のその日。イ・ビョンホン、イ・ジヨン、デニス、Aさんなどは、4文字対面をした。その場でデニスが動画を枠となり、イ・ビョンホンは恥ずかしいし、ジヨンはお金を要求した。









B「私の弟になぜそうでした?"



今、この事件に精通した関係者の話をそのまま移す。



「お金が必要な場合は助けてもらわこの方法しかありませんでした?"(イ・ビョンホン)



「お金のためにこれをやってつもりはない。どのように第弟にそんなことができますか?"(イ・ジヨン)



ジヨンとデニスはイ・ビョンホンにスーツケースを投げた。続いて、 "ここにお金を埋めてこい。そうでなければ動画を公開する」と述べた。



イ・ビョンホンは「分かった」と言って、席を離れた。そしてAさんと会議をした。彼らの恐怖のない行動を見たとき、単純にお金ですむことではないと判断した。









C"#離散他、#B、#soulmate"



ジヨンはお金を要求して、万が一の場合に備えて、SNSに痕跡を残した。



8月24日、化粧品セットを上げた。タグは「#present #soulmate#♡」だ。



26日には、アルゼンチンワインの写真(Dragon back)を上げた。 「お前が自分で作った自分だけの贈り物、ありがとう」という言葉を残し、タグに「#soulmate」を歩いた。



「ディスパッチ」を確認した結果、このワインは、国内に輸入されていない製品である。さらに、イ・ビョンホンは去る3月、「メンドーサのワイン・フェスティバル」の広報大使の資格でアルゼンチンを訪れた。



ジヨンはエルメスボディローションの写真も登録した。 「来るたびにプレゼント韓宝ふたり持って来る離散他さん〜」と言いながら具体的なヒントを残した。性を明らかにしたものである。



イ・ビョンホンの回答(お金を持ってくる)が遅くなると、ジヨンは圧迫の強度を高めた。 29日、「ベガフォン」を上げて「断言する、あなたは、最も完璧な人です」と書いた。



続いてイ・ビョンホンの'B'をイニシャルに残した。 」が「サンタに続いて「B」まで、イ・ビョンホンであることを暗示するヒントを相次いで投げた。









D脅迫、釈然としないコーナー



しかし、イ・ビョンホンは流行の言葉で「SNSムシクジャ」だ。サイバー上で行われることを全く知らなかった。ジヨンが痕跡を残す一方で、イ・ビョンホンは「自信を持って「警察に通報していた。



去る1日、ジヨンとデニスは自分の家の前で緊急逮捕された。二人は警察の調査でイ・ビョンホンの脅迫の事実をすべて認めた。



その事件は"イ・ビョンホンの有名になっ悪用した犯罪」で一段落し、私のように見えた。イ・ビョンホンは「自分を信じてくれたファンと妻に申し訳ない」と手手紙まで書いた。



単純な脅迫事件だろう。約2週間の取材の結果、釈然としないところがあった。それはまさに、「なぜなのか」という疑問。簡単に解けない場面だった。








E「お金だけvs裏切り、そしてお金"



イ・ビョンホンとイ・ジヨンの立場が克明に分かれる点がある。同期部分である。そのためには関係の確立が必要である。



イ・ビョンホンによると、イ・ジヨンはたまたま紹介された人であるだけだ。一度も、二人きりで会ったことのない、ただ知っている人である。その日の仕事は酒に酔った失言だ。



一方、イ・ジヨンは、誤解をするには十分だった。ジヨンの側近は、「3ヶ月程度継続的に会った。プレゼントまで受けたので、一般的な関係以上と考えたようだ」と伝えた。



イ・ビョンホンは、ただ「お金」が脅迫の目的と言った。しかし、イ・ジヨン側は一種の「裏切り」も作用したと耳打ちした。



彼は"デニスは映像を撮りながらお金までは思わなかっただろう」とし「単に、親しいお姉さんにこの事実(成績ダイアログ)を通知しなければという意図が強かった」と述べた。



4者対面の会話でも推測可能である。ジヨンが"どのように自分の弟にもこんなことがあるのか」と追及した部分である。









F欲が分け被害者、被疑者



脅迫はどのような場合にも正当化できない。もしデニスがこの映像を「セクハラ」でお届けした場合は、彼は被害者の身分で警察に出頭していただろうか。



それにもかかわらず、彼らは法的な手続きを踏まなかった。個人的な方法で解決しようとしたので、今は被疑者の身分になった。



なぜなのか?これに対する答えを聞くためにジヨンに3回面会を申請した。しかし、終了をすることができなかった。



した法曹界の関係者は、貪欲化を招いた。



彼は「まず自分がいたようだ"としながら"(両方の)関係を証明する根拠があるので、絶対に申告をしないだろうと判断したようだ」と説明した。



続いて「セクハラ事件の和解金よりもこれよりましだと思ったこともある"としながら" SNSの証拠を上げながら圧力をすれば解決なると信じているようだ」と推測した。









G「それでも、断言する、イ・ビョンホン"



イ・ジヨン側が悔しさを訴えている点は、「関係性」である。イ・ビョンホンの変心(?)がそれらを刺激買っせたもの。当初の出会いも、動画撮影も、お金が目的ではなかったという主張だ。



しかし、彼らは「対価」を望んだ瞬間、セットの関係は流した。ジヨンとデニスはヒョプバクボムになったし、イ・ビョンホンは、被害者となった。それ以上でも、それ以下でもない間になった。



脅迫は、そのいくつかの正当性もない。プロセスがどうなろうと、脅迫は犯罪だ。



といって、イ・ビョンホンを単純被害者のみで表示することはできない。少なくとも道徳的な非難は避けられない。彼らと縁を結んだこと、彼らの誤解を引き起こしたこと、動画の口実を提供したもの...、断言する、イ・ビョンホンである。...
















posted by kazu at 23:19 | Comment(0) | TrackBack(0) | イ・ビョンホン
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。

この記事へのトラックバック
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。