2014年09月29日

イ・ビョンホン否定的な世論の拡散、失墜したイメージの回復可能なのか

1411967423-64.jpg

俳優イ・ビョンホンが去る9月、世間を騒然とさせた不埒なスキャンダルの余波で広告退出運動まで浮上した。
事件はイ・ビョンホンが20代のアーティスト女性2人の酒の席で一わいせつな冗談を交わしたことから始まりました。 続いて脅迫女性の実体がガールズグループグラムのメンバーデニスであり、モデル出身の李氏というのがすぐに明らかになった。 一気にこれらに制限されている様子までもなく明らかになり、イ・ビョンホンの有名を利用してとんでもない脅迫をした二人の女性に非難の視線が集まった。


しかし、モデルさんがイ・ビョンホンと恋人関係だった、決別通知を受けた後、偶発的に犯行という主張に加えて、二人が密愛を交わしているようなインスタグラムの投稿が、その証拠にどんどん広がっていき、事件は新しい局面に当たった。


この後、スキャンダル事件が「浮気説」に流れて行こう、世論の反感は手に負えなく沸き立ってこれを拡散させるためにイ・ビョンホンが直接手に手紙を書いて、大衆にノチュルさせた、これも偽善的に考慮されるほど大衆の不信感が大きくなった状態である。

すでに中国、日本などでも「結婚して間もない過ぎこういうことに恥をさせるなんて妻に申し訳ありませないのか(才結婚沒多久就這樣打臉對得起老婆嗎)」と呼ばれる高強度の非難が殺到している。 さらにイ・ミンジョンがかわいそうだと離婚を勧める意見も多数あり、「舞台の上の彼は本物ではない。現実の彼は本物の人間のゴミ(舞台上的不是真实的他、现实中的他真是个人渣恶心)」という批判も進出できる。


また、去る25日、イ・ビョンホン・イ・ミンジョンのカップルの京畿道広州新居が売りに出たという噂が伝わり、イ・ビョンホンに対する否定的なイメージは、さらに広がっていった。 イ・ビョンホンの所属事務所側は「そのようなことがない "と一蹴したが、不道徳な行動に行われた行動に責任を要求するネチズンの声が力を得ている。



posted by kazu at 20:24 | Comment(0) | TrackBack(0) | イ・ビョンホン
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。

この記事へのトラックバック
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。