2014年09月28日

ともすると法的対応する芸能人たち、何が問題なのか

1411627732_2.jpg

ジュリアン・カンが下着姿で路上を徘徊したと麻薬容疑で調査を受ける中であるという記事が出てきた所属事務所の関係者は「調査を受けたのは事実だが、下着姿で街を徘徊したこともなく、マネージャーも同行した。 薬物乱用の容疑は、音声の反応が出てきた。 これ以上の追加調査はない」と明らかにした。 そして、この「すでに整理された問題」を持って「これ以上の推測性記事が続く時の法的対応」をすると明らかにした。
チョ・インソンとキム・ミニが決別したという事実が明らかになった日、偶然にもした媒体でチョ・インソンとコン・ヒョジンが一緒に時間を過ごすの写真が報道され、これに関連する仮定があふれ出てきて、両側の所属事務所は「二人はそれぞれの活動とスケジュールでお互い忙しいスケジュールを送った。 以前に比べて関係が疎遠になるため、自然に決別したことが確認された。」と決別事実を正式に認めながら、「事実とは無関係な内容を報告する媒体には、強硬な対応を取る予定ですので、以降の慎重な報道をお願いします」と呼びかけた。

また、去る23日、ペ・ヨンジュンがした健康補助食品メーカーから、詐欺の疑いで訴えられたことも所属事務所キーイースト側は "ゴジェ側の訴えは、ペ・ヨンジュン氏が有名人であることを悪用して、自分たちの主張を問題化しようとする非常に悪質な行為」と"このような行為に対して、当社はこれをこれ以上容認しないだろう虚偽申告を含む法的に強力で断固として対応する」と明らかにした。 加えて、「一部のマスコミに虚偽事実の流布と拡大再生産させている点については、これ以上の有名人だという理由で放置​​しないものであり、事実ではない、すべての部分につきましては、法的に強力に対応する」と明らかにした。

ただし、三日間の法的対応」という言葉がこれほどたくさん出ているのは、昨今の芸能界事情をよく表わしてくれる。 しばらく前までさかのぼると、より多くの「法的対応」に会うことができる。 イ・ビョンホンの50億脅迫も「法的対応」が入っていて、キム・ヒョンジュンの暴行事件でも「法的対応」が入っており、キム・ブソンの管理費の不正内部告発も「法的対応」は欠かせない。 過去に比べて「法的対応」は、なぜこのように増えてきたのだろうか。

1411627732_3.jpg

一度原因提供は芸能界の絶え間ない事件事故だ。 過去に比べてなんでこんなに多くの事件事故が一日が遠いず溢れ出てくるのには、さらに政治的陰謀説が出てくるほどだ。 しかし、これは政治的陰謀というよりは、これまでよくあらわれなかった事件事故が最近になって、水面上に上がってきているというのが正確だろう。 突然最近になって、芸能人の自己管理に非常灯が点灯しているのではなく、常にあるきのことが過去に埋もれたが、今はそんなことができない状況を迎えたということだ。

そうされたことはほとんど普及し、一つ一つが記者といっても構わない昨今のメディア環境を言わないことができない。 スマートフォン一つ持って、どこでもアーティストは、カメラの個人的な姿が公開される危機に置かれている。 また、どのような事件が起きても、ただ埋葬れるより誰かによって一瞬のうちに広がっていくことができる環境である。 だから今一段高くなった存在たちとしてのアーティストたちは、もはや画像バック息をすることができているところがないのである。 いわゆる「透明な社会」に縁泣く私たちの社会の暗い一面である。

ここに無限競争の中に置かれている雨後の筍生じた媒体とそこに量産されている記事は、このような事件・事故を繰り返し書いて出して、時には少しずつ他のニュアンスが添えれるようになる。 そう何足だけ踏んでたら、推測が一つの全く別の事実に固まるはずだ。 後の実質事実が明らかになるといってもイメージとは、すでに毀損された場合、原状回復がされていない。 だから所属事務所は「法的対応」カードを持って出てくるはずだ。 そうでもして噂の炎をなだめるせようとするものである。

しかし、事件事故という原因提供を芸能人がした状況で、所属事務所が掲げる「法的対応」というカードは、時にはより否定的なイメージを作り出すこともある。 それは大衆が「法」という物差しもあまり信頼していないからである。 法の前にお金がいるという現実はそう「法的対応」を力のある者たちの盾として考慮されるようにすることもある。

もちろん推測性記事について「強力対応」する芸能人たちの立場が理解されていないわけではない。 しかし、事件が発光してから、その事件の原因提供者としての謝罪か、大衆と疎通する姿ではなく、まるで単独の被害者であるかのように「法的対応」を優先持って出てくることも見栄えの良い姿ではない。 どうせ今の画像管理だけでは通用しない世界である。 本当の姿は、従って何らかの方法で大衆に明らかになるしかない。 真正性のある姿勢がこれまで以上に必要なのだ。



posted by kazu at 23:18 | Comment(0) | TrackBack(0) | 日記
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。

この記事へのトラックバック
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。