2014年09月22日

警察「キム・ヒョンジュン容疑を認め部分、起訴意見檢送致する予定 "

20140902_1409659645_48440800_1.jpg

警察が暴行の疑いで訴えられた歌手兼俳優キム・ヒョンジュンが容疑を認めた部分に限って起訴意見で検察に送致する見通しである。
キム・ヒョンジュンの事件を調査していたソウル松坡警察署情報チェミン刑事課長は22日、スターニュースに "申告が受理された合計4件の事件のうちキム・ヒョンジュンが暴行を認めた部分については起訴意見で検察に送致する予定だ」とし「轍暴行をはじめ、3件の追加的な暴行の疑いについては嫌疑なし、または却下の意見で送致することを議論している」と明らかにした。

キム・ヒョンジュンのガールフレンドと明らかにしたAさんは先月20日、「キム・ヒョンジュンに4回に渡って常習暴行を受けた」と告訴状を受理した。 これに対する口頭陳述と転置2週間と6週間に該当する診断書を証拠として提出した。

以後キム・ヒョンジュンは、松坡警察署で取調べを受けた「別れる過程で若干の衝突があったことは認めるが、轍暴行と前置6週に該当する暴力はなかった」と主張した。 キム・ヒョンジュンが認め疑いは全治2週間の該当する1件だけである。

自己の主張は行き違ったが、去る17日Aさんが法律代理人を通じて告訴取り下げ章を受けながら、捜査は終結した。 当時Aさんの法律代理人は「キム・ヒョンジュンさんが反省し、謝罪を受けたので、罰を望んでいない消臭をした」と説明した。

しかし、キム・ヒョンジュンが全治2週間の該当する診断書があって、容疑を認めているだけに、刑事罰の議論が必要なったよう。

チョン刑事課長は「全4件の事件のうちキム・ヒョンジュンが容疑を認めた事件については、上海で起訴意見を検察に送致する」とし「全治2週間については医師の診断書があり、容疑を認め、上海で判断した。上海は一般的な攻撃とは異なり、お互いの合意がされても控訴はなしに終了することができない "と明らかにした。

チョン課長はまた「今後、警察の立場が完全にクリーンアップされるに2週間前後お時間が必要だ」と慎重な立場を見せた。



posted by kazu at 21:22 | Comment(0) | TrackBack(0) | キム・ヒョンジュン
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。

この記事へのトラックバック
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。