2014年09月13日

'誘惑'クォン・サンウ・チェ・ジウ、「天国の階段2」じゃないだろ?

201409100105779195_540f261a097cd.jpg

'誘惑'が縦横無尽展開に注目を集めている。 劇中チェ・ジウは、自分の病状を実現クォン・サンウに偽りで別れを告げて、パク・ハソンと離婚したイ・ジョンジンは前妻ユナ正再会の兆しを見せている。 特にチェ・ジウの病気で、より切実になったクォン・サンウとチェ・ジウのロマンスは二人の前作であるSBSドラマ「天国の階段」(2003)と似ている。
去る9日午後放送されたSBS月火ドラマ「誘惑」(脚本ハン・ジフン演出パク・ヨンス)18回では、手術を決心するセヨン(チェ・ジウ)とそのセヨンの世話をするソックン(クォン・サンウ)の物語が繰り広げられた。

この日ソックンは泥酔したホンギュ(イ・ジョンシン)を家に連れて行ってくれたおかげで、紅(パク・ハソン)とぎこちない再会をした。 紅はソックンに「時折会おう」と手を差し出したがソックンは一刀に拒絶した。 紅はそのようなソックンにセヨンの入院を発表した。 セヨンの突然の心変わりに傷ついたソックンは一気に病院に走って行った。


ソックンは病院でセヨンと対面した。 患者服に点滴をしてもセヨンは流行遅れ孤独に見えた。 いつも高慢で派手だった「代表様」との距離が遠かった。 ソックンは膝を屈した。 彼は "のような病気にしてくれ」とセヨンのそばにとどまることを決意し、セヨンは「弱い姿を見せる嫌だった」と、これまでの過酷な言葉を涙で謝罪した。


二人が愛を守ってきた過程は険しかった。 セヨンがソックンの時間を10億ウォンに買い入れ始まった出会いだった。 ソックンは妻紅と離婚なければならず、セヨンは会社が揺れるくらっ経験をする必要がありました。 お互いに多くのことを犠牲にして育てた愛だったので、二人に近づいた不幸が薄情するだけだった。

この日チェ・ジウは数回の涙の演技を披露した。 愛する人に「もう愛していない」と嘘をついた後、嗚咽なければならず、急に深刻化した腹痛にハンドルをつかんで痛みました。 手術を控えた恐怖に、恋人の心からの告白も彼は叫んだ。 見ることですかかジーンとなる瞬間だった。

このように、クォン・サンウとチェ・ジウの没入度の高い感情演技にもかかわらず、突然の催涙展開は「天国の階段」を思い出させる。 4人の男女の微妙な心理描写を中心に流れていった初期のも、他の形であった。 到底種をキャッチすることができないキャラクターたちの心理の変化も、視聴者を混乱させた。 「天国の階段」でチェ・ジウは安岩に世界を離れたことだし、いくつかの視聴者は「天国の階段2」がされているではないかという懸念の混じった声を出した。

放映終了を2回控えた「誘惑」が「再会のカップル」クォン・サンウとチェ・ジウに有終の美を支持するか注目される。

SBSの無料視聴はこちらから




posted by kazu at 18:14 | Comment(0) | TrackBack(0) | クォン・サンウ
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。

この記事へのトラックバック
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。