2014年09月13日

キム・ヒョンジュン、被害者側の「何度も暴行、認定・謝罪が優先 "

20140902_1409659645_48440800_1.jpg

歌手兼俳優キム・ヒョンジュンのガールフレンドAさん側が「キム・ヒョンジュンの反省と謝罪が先行しなければならない」との立場を明らかにした。
12日Aさんの弁護を担当しているソンエンパートナーズ法律事務所禅ドアの弁護士は、TVレポートに「現在の立場は、数回の暴行の認識と反省、謝罪が先行しなければならないということ "としながら"もしそうでなければ追加資料を提出して真実を究明するしかない。

必要な時に対面にも応じる」との立場を伝えた。

これに加えて、「最大の目標は、真実を明らかにするものである。

ので、認定と謝罪、反省が先に先行しなければならない」と力説した。

前原告Aさんは先月20日、暴行致傷と傷害の疑いでキム・ヒョンジュンを訴えた。

この女性は告訴状で、2012年からキム・ヒョンジュンと交際し、5月下旬から7月中旬まで継続的に暴行を受けたと主張した。


キム・ヒョンジュンは去る2日午後9時頃、ソウル松坡(ソンパ)警察署に出席し、4時間の間被告訴人の身分で調査を受けて3日午前1時頃、家に帰った。

キム・ヒョンジュンは警察の調査でガールフレンドAさんはあなたの番にかけて暴行したという原告側の主張を否定した。

キム・ヒョンジュンは4件の転置2週間に該当する1件のみ「軽い衝突」と認めた。

双方が相反する立場を展開している中で、警察側はこれらを召喚調査する計画はまだ決まっていないことが分かった。

警察側は「来週くらいならなければなら召喚調査するかどうかを決定することができるようだ "と明らかにした。

一方、キム・ヒョンジュン、弁護人側はある媒体とのインタビューで、「愛していた恋人のための謝罪文の作成はもちろん、葛藤と傷を解く集中している」と明らかにした。



posted by kazu at 11:10 | Comment(0) | TrackBack(0) | キム・ヒョンジュン
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。

この記事へのトラックバック
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。