2014年09月07日

トップスター日本語の先生選んだ日本語の上手い俳優? 「断言するイ・ビョンホン"」

66181958_2.jpg

"イ・ビョンホンは天才ですよ。"

名前だけ聞けば、全国民が知るべきトップスターたちの日本語を指導した日本出身の俳優吉村健一を最近ニュースエンオフィスで会った。 大きなキーに大型の外見、またこれとは相反する優しい表情と声。 なぜ、トップスターたちが彼を快く先生に迎えていることを知っているかのような気さくな笑顔を浮かべて吉村は、オフィスに入って来た。
日本プロサッカーJリーグでゴールキーパーとして活躍していた彼は球団から解雇され、行き場を失った。 以来、ワールドカップシーズンを合わせて訪れた韓国で偶然の機会を得SBS「野人時代」で初めて演技に挑戦した。 以後ドラマ、映画などに日本語を使用する配役が徐々に増加し、吉村健一は演技者のほか、他の俳優たちの日本語のセリフを監修して示す日本語の先生の役割までになった。

一番最初、彼は日本語の指導に乗り出したのは、映画「無防備都市」だった。 ソン・イェジンの日本語セリフを指導し、本格的に演技者と日本語セリフ指導を兼業することになっ。 以後イ・ビョンホン、チャン・ヒョク、チュ・ジンモ、有線など多くの俳優たちが彼に助けを受けた。

そんな吉村健一が挙げる日本語最高実力者はイ・ビョンホンだった。 彼は "誰が一番上手い」と尋ねると、1秒らいもなく「イ・ビョンホンだ。イ・ビョンホンは天才」と答えた。 KBS 2TVドラマ 'アイリス'で難しい軍事用語をかっこよくこなし姿が印象的だった。

「本当に難しい台詞だった。武器の話とか誘拐とか。難しい単語が多く出て消化したんですよ。実際、外国語のセリフを重く真剣ながらも上手に消化して出すのが容易ではないんですよ。ところで、私は何を導く前に、すでに完成ドェイトましたよ。本当に驚きました。 "

特に吉村が驚いたのはイ・ビョンホンの態度であった。 イ・ビョンホンの日本を伝える必要がありというニュースに吉村は夜の睡眠もしっかり寝ていない。 「なぜこのセリフをすべきか確信させなければならない」というアドバイスを聞いたから。 ノートの詳細な説明を書いて行った実際イ・ビョンホンは、簡単な説明も納得して真剣に撮影に臨んだという。 前イ・ビョンホン本人が自らの代謝に緻密に分析をしたというのが吉村の推測だった。

吉村健一にはもう一人の記憶に残るスターがいる。 映画「仁寺洞スキャンダル」の撮影当時、吉村と別の日本人女性が代謝マップを引き受けることになった。 しかし、オム・ジョンファがミーティングをしようという女の先生の提案を拒絶した。 今会って話をすると、最終的に先生がいることをそのまま真似するレベルにしかならないというのがオム・ジョンファが出会いを拒否した理由であった。

「最終的にはオム・ジョンファは、撮影前の日まで会おうという話をしていませんでした。すぐに次の日が撮影なのにみんな緊張しかなかったんです。セリフも本当に道ですけれど。しかし、会って聞いてみるとセリフが完璧でした。「日本人の先生と一緒に練習したのか」と尋ねたところ、 「一人でいた」と言うんですよ。どのようにオム・ジョンファという人が最高なったもう長い間、トップの座を守ってきたのか確かに感じなければいい。 "

映画「ガビ」の場合吉村健一が日本語セリフ責任者であった。 彼は「ガビ」の日本語セリフを作成し、俳優たちのトレーニングさせるすべての過程を担当した。 俳優たちの日本語の演技を見た後に確認する作業も吉村健一、自分が直接した。

吉村健一は「チュ・ジンモが演技をして監督を見て、また私を見つめていた」と笑った。 彼は続いて「日本の大使があまりにも多くて2週間前からずっとマンツーマンで練習をした。その際有線が私に「監督がオッケーしてもあなたが本当にないのであればならないとして下さい。堂々とNG出して再うしろ」としてくれるよ。おかげで気楽に現場で残念なこと惜しい表現することができた」と説明した。

彼は最初の韓国に来た2001年と比較したとき、韓国で外国人俳優たちができる役割と比重はますます大きくなっている。 外国人俳優不毛の地で俳優として日本の指導者として新たな道を拭き取った吉村健一の明日が期待される。

一方、吉村健一は9月4日放映終了したKBS 2TV水木ドラマ '朝鮮のガンマン」で半蔵役を演じ、短い登場にも強烈な存在感を現わした。



posted by kazu at 16:21 | Comment(0) | TrackBack(0) | イ・ビョンホン
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。

この記事へのトラックバック
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。