2014年09月05日

物議包まれたイ・ビョンホン - キム・ヒョンジュン - チャン・グンソク

2014090442258784.jpg

アジアを揺るがし、大きな人気を得ている「韓流スター'俳優イ・ビョンホン、キム・ヒョンジュン、チャン・グンソクがそれぞれ汚い50億脅迫、暴行、無概念キャンプ-脱税疑惑などで物議に上がった。
特にこれらはドラマ、映画、芸能などさまざまな作品のほか、公の場を通じて、真っ直ぐながらもカリスマあふれるイメージで愛されただけに、これまで培ってきた画像の墜落を避ける過酷な状況にさらされた。 イ・ビョンホン、キム・ヒョンジュン、チャン・グンソクに迫った、それぞれの事件をもう一度探ってみよう。

「世界的なスター'イ・ビョンホン、20代の女性2人に50億脅され。

イ・ビョンホンの脅迫ニュースは去る1日公開されてオンラインを熱くした。 この日、ソウル江南(カンナム)警察署は、恐喝未遂の疑いでA(21・女)さんとB(25・女)さんを立件して調査中だと明らかにした。 警察によると、これら先月Bさんの家で一緒にお酒を飲みながら汚い割ったシーンをスマートフォンで撮影した後、50億を与えなければ、オンライン上に拡散すると、イ・ビョンホンを脅迫した疑いを受けたこと。

これに対してイ・ビョンホンの所属事務所BHエンターテイメントは「先月28日イ・ビョンホンは、本人の個人情報を公開すると言って数十億を要求する脅迫を受けた。 芸能人はとんでもない要求や脅迫に悩まされているのは、常時のことだが、これはなく考えてすぐに事務所にその旨を伝えてすぐに報告する措置だった」とし「この件は、相手が有名芸能人に多くの大衆が普段の姿を不思議に思っている点を悪用しようとした悪質な犯罪だと思う」と説明した。

以来、50億を要求したイ・ビョンホンを脅迫した20代の女性がガールズグループグラムのメンバーデニスとモデル李氏に明らかになり、事件はさらに、ネチズンたちの関心を集中させた。 彼らは警察の調査でイ・ビョンホンを脅迫して金品を要求した事実を認めており、過去3日の夜、イ・ビョンホンを脅迫していた被疑者2名について、ソウル中央地裁は「召命されている犯罪の疑いが大きく、拘束の理由と必要性が認められる」と拘束令状を発行した。

イ・ビョンホン脅迫事件はソウル中央地方法院は「脅迫女」グラムデニス、モデルさんに拘束令状を発行し、一段落しているようだったが、イ・ビョンホンをめぐる憶測の噂がオンラインコミュニティとSNSを介して急速に広がった。

いろいろな種類の推測性デマと陰湿な攻撃性チラシに2次被害を経験すると、イ・ビョンホン側は「推測性デマの水位がこれ以上傍観できないレベルであり、これは今回の犯罪行為に対して協力するのと同じと判断され、現在のサイバー捜査隊に捜査を依頼した状態だ。 今後強力に法的に対処するだろう」と強硬対応を予告した。

「新韓流スター'キム・ヒョンジュン、衝撃的なガールフレンド暴行の疑いで物議を醸す。

無茶スポーティな「4次元画像」と優れたビジュアルで人気を呼んだキム・ヒョンジュンがガールフレンドAさんに暴行致傷と傷害の疑いで提訴された事実は、先月22日、メディアの報道を介して伝えられた。 報道によると、キム・ヒョンジュンとAさんは2012年から恋人関係に過ごしてきた。 しかし、昨年5月以来キム・ヒョンジュンの女性問題が何度も表面化し、その過程でA氏を激しく攻撃した。 Aさんは、右の肋骨が骨折するなど全治6週間の傷害を被ったとのこと。

キム・ヒョンジュン暴行を訴える議論に所属キーイーストは一日後23日報道資料を通じて公式立場を発表した。 所属事務所側は「事実確認の結果、二人は2012年から知って務めた間はマトウナ交際が行われたのは最近の数か月の間一任を教えてあげる。 そんな中、二人の間激しい口論があったし、その過程の中で感情が激しくなり、お互いに衝突があったのは事実だが、マスコミの報道で出てきたように、2ヶ月の間、常習的な暴行や数回にわたる音があったのは事実ではない "と釈明に乗り出した。

続いて「当社とキム・ヒョンジュンは今後、正確な調査を行い、事実を明らかにすることであり、今後行われる警察の調査にも誠実に取り組んでいく」とし「今後はこの事件が円満に解決されるように最善をつくすのうち、当分の間自粛の時間を持つようにしたい」と付け加えて議論を醸し部分について謝罪の意を表した。

「2014キム・ヒョンジュンのワールドツアーコンサートスケジュールのための調査のスケジュールを先送りしたキム・ヒョンジュンは、告訴状が受理された後、約12日後、2日の夜、ソウル松坡(ソンパ)警察署に被告訴人の身分で最初出席して4時間以上の調査を受けて帰宅した。 この日の調査でキム・ヒョンジュンは、ガールフレンドを4回にわたって暴行したという原告Aさんの主張を否定し、「口論の感情が激しくなり、一度打つことが、残りはそのようなことがない」と言ったと伝えられた。

警察は、告訴者のガールフレンドAさんとキム・ヒョンジュンの証言が食い違うほど、今後の召喚調査と二人の対面尋問も進行するという方針である。

「アジアプリンス'チャン・グンソク、無概念キャンプであり、脱税疑惑まで。

チャン・グンソクは、無概念キャンプに続いて脱税疑惑まで重なって論議に包まれた。 まず、チャン・グンソクの無概念キャンプは先月19日、メディアの報道を介して公開され、ネチズンたちの非難を受けた。 メディアによると、チャン・グンソクは先月16日、京畿道南楊州市パルヒョンキャンプ場で知人たちと一緒に夜明けまで音楽を流しながら車のヘッドライトをキーンままお酒を飲みながら大騒ぎしケムピンジョクに抗議を受けた。

これに対してチャン・グンソクの所属事務所ツリージェイカンパニーは、すぐに「チャン・グンソクが知人とパーティーをしてふんや周辺をやや声高にしたようだ」とし「当時、抗議を受けて、すぐに謝罪したが、公人としてあらかじめ注意しなかった点について再度一度申し訳ない」と謝罪の意を表した。

しかし、チャン・グンソクは、脱税の疑いで再び物議に上がった。 過去2日、メディアによると、国税庁は「韓流スター」チャン・グンソクが、中国で稼いだ所得のうち、約20億ウォンほど脱税した情況を捕捉し、現在のチャン・グンソクが脱税した所得があるとみて調べを拡大しているということ。

特にチャン・グンソクの脱税は、ソウル地方国税庁国際取引調査局が今年6月、検察から芸能事務所H社の契約書と会計資料などを譲り受け芸能人の脱税かどうかを確認しながら、明らかになったと伝えられた。 前述した芸能企画会社H社は2009年から、チャン・グンソクなど韓流スター20人と中華圏進出契約を結んで、これらの広告ドラマ渉外を進めてきた。

脱税疑惑でチャン・グンソク側の関係者は「ブレーキニュース>との通話で「国税庁が芸能企画会社H社を調査しているという事実は知って​​いたが、チャン・グンソクが20億ほど脱税した情況を捕捉したことについて、国税庁からは、バー全くない"としながら"チャン・グンソク、脱税容疑の記事を接し、現在の戸惑い状態だ。 状況が把握されているように、今回の事態と関連し、公式立場を発表するだろう "と明らかにしたが、まだ公式立場を出ていない状態。

チャン・グンソクの所属事務所ツリージェイカンパニーは、これに先立ち、7月ふくらんだ脱税疑惑報道が出た当時、「チャン・グンソクの海外からの輸入に関連した脱税の状況報告は明らかな誤報」と釈明している。



posted by kazu at 08:41 | Comment(0) | TrackBack(0) | イ・ビョンホン
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。

この記事へのトラックバック
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。