2014年09月04日

キム・ヒョンジュン容疑の一部を認め、警察「再調査も検討」

20140902_1409660789_98006500_1.jpg

キム・ヒョンジュン容疑の一部を認め、残りは「否認」

キム・ヒョンジュンが暴行容疑について、いくつかのことを認めた。

警察は、再調査まで考慮している。
3日、警察関係者は、キム・ヒョンジュンと、被告人の供述が食い違っているとしながら "必要に応じて原告を再読み込み調査する方針だ」と明らかにした。

この日キム・ヒョンジュンは警察の調査で、自分のガールフレンドに知られているAさんを4回にわたって暴行したという原告側の主張に対して「一度は口論の感情が激しくなって争って殴ったことは事実である。残りはそのようなことはない」と述べたことが分かった。


キム・ヒョンジュンは2日午後9時頃、ソウル松坡(ソンパ)警察署に出席した。

4時間の間被告訴人の身分で調査を受けて3日午前1時頃、家に帰ったことが分かった。


前原告Aさんは先月20日、暴行致傷と傷害の疑いでキム・ヒョンジュンを訴えた。

この女性は告訴状で、2012年からキム・ヒョンジュンと交際し、5月下旬から7月中旬まで継続的に暴行を受けたと主張した。


キム・ヒョンジュンの所属事務所側は23日「2012年から知って務めた間はマトウナ交際が行われたのは最近の数か月の間のことだ」とし、「告訴人Aさんの肋骨骨折は、以前にお互いにいたずらを打った中で発生したものである。マスコミの報道で出てきたのように3ヶ月間常習的な暴行や音があったのは事実ではない」との立場を明らかにした。




posted by kazu at 07:39 | Comment(0) | TrackBack(0) | キム・ヒョンジュン
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。

この記事へのトラックバック
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。