2012年05月13日

ソン・ジヒョ-JYJキム・ジェジュン主演'ジャッカルがくる'告辞現場公開!

ch_1336876382_-907785640_0.jpg

JYJのキム・ジェジュンと俳優ソン・ジヒョが男女主演で電撃キャスティング、話題を集めた映画 <ジャッカルがくる>(監督:ペ・ヒョンジュン、製作:(株)ノマドゥ フィルム)が去る9日(水)ソウル東国(トングク)大忠武路(チュンムロ)映像センターに位置した(株)ノマドゥ フィルムで大当たりを祈る告辞を過ごした。
この日告辞にはソン・ジヒョ、キム・ジェジュン、オ・ダルス、ハン・サンジン、キム・ソンニョン、キム・ヨンゴンなど主要出演陣をはじめとしてペ・ヒョンジュン監督、製作会社(株)ノマドゥ フィルムのチャ・スンジェ代表、配給会社ロッテショッピング(株)ロッテエンターテインメントの関係者たちをはじめとするすべてのスタッフが全一桁に集まって <ジャッカルがくる>の大当たりを祈った。

ch_1336876382_-907617699_1.jpg

この日告辞は2004年 <彼女を信じないで下さい>、2007年 <少年は泣かない>に引き続き三回目作品の <ジャッカルがくる>のメガホンを取ったペ・ヒョンジュン監督の祝文朗読で始まった。 席をいっぱい埋めたすべての俳優らとスタッフは“大当たり出るように願う”として一つの心一つの志でファイティングを叫んだ。


特に <ジャッカルがくる>の トップスター‘チェ・ヒョン’役に映画界にデビューするJYJのキム・ジェジュンはスタッフひとりひとりに“最善を尽くす。 よろしくお願いいたす。”として挨拶をして映画に対する情熱を見せたし、靴がよくむけなくて困るソン・ジヒョに肩を貸して‘マナー肩’という新造語を誕生させて温かいカップル誕生を予感させた。 また、告辞に参加した俳優ら中最も年長者であり先輩のキム・ヨンゴンは後輩演技者らをつましく取りまとめる姿を見せてスタッフらの熱い歓呼を受けることもした。


一方、映画 <ジャッカルがくる>は伝説の女キラー‘ジャッカル’が最高の人気を謳歌するトップスターを拉致して広がるエピソードを扱った作品. 5月中クランクイン、今年の下半期封切り予定だ。




タグ:JYJ
posted by kazu at 18:36 | Comment(0) | TrackBack(0) | 東方神起
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。

この記事へのトラックバック
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。