2012年04月29日

イ・ビョンホンはどのようにハリウッドを'魅惑'させたのだろうか



映画'G・I JOE2'に出演する俳優イ・ビョンホンに対するハリウッドの賛辞が絶えることない。

'G・I JOE2'の製作者ロレンゾ ティ ポナベンチュという製作スタッフとのインタビュー映像でイ・ビョンホンに対して"彼は最高の俳優であり立派なアクション習う。 素敵なユーモア感覚まであって彼の目は常に輝く。 イ・ビョンホンを見ることができるということが'G・I JOE2'の長所の中の一つだ"と絶賛した。

また、共に出演した俳優ブルース・ウィリスは"私は私だけの英雄らを持っていてイ・ビョンホンは彼ら中一人だ. 彼は本当に素敵な男でタフでスイートと親和力も良い。 撮影しながら本当に幸せな時間を過ごした。 イ・ビョンホンは観客が映画で望む全てのものをやり遂げた"と賞賛を惜しまなかった。

イ・ビョンホンに対するハリウッドの関心は彼とともに作業した人々にだけ限定されたのではない。 最近韓国を訪問した映画'ペトゥルシュィプ'のピーターバグ監督は"私はイ・ビョンホンのファンだ。 イ・ビョンホンを韓国の将校でキャスティングしたい。 イ・ビョンホンを分かる人がいるならば私の話を伝えてくれ"として積極的なラブコールを送ったことがある。

その上イ・ビョンホンは'G・I JOE3'のキャスティング契約を終えたしアジア俳優では最初にハリウッドでハンド プリンティング行事にまで参加する予定だ。

このようにハリウッドを'魅惑'させたイ・ビョンホンの魅力は何か。 まず20年間余り積み重ねた硬い演技力が後押しされるためだと分析される。 'G・I JOE2'の製作者ロレンゾ ティ ポナベンチュという"イ・ビョンホンはドラマ、コメディ、アクションまで全部やり遂げることができる"としてほめたのもその一環であること.

また上手な英語実力もハリウッドでイ・ビョンホンに対する関心を持つようにさせた要因の中の一つ. これにイ・ビョンホンは去る25日ソウル、狎鴎亭(アックジョン)CGVで開かれた'G・I JOE2'製作報告会で"寝ながらもポンとたたけばセリフがぞろぞろ出てくるほど消化するべきなのに、撮影をしてあるスタッフがきて'が発音はそうでない'と指摘すればそのことを直さなければならないという考えに頭が白くなる。 瞬間私が覚えたセリフが白く消されて私が何の演技をするかもしれなくなる。 そうするときは新人に帰ったような気がした"と外国語で演技することに対する困難を吐露することもした。

イ・ビョンホンがハリウッドを魅了させたもう一つの理由は'謙そん'ではないか。 韓国だけでなくアジアでは数多くのファンを確保しているトップスターだが'G・I JOE'初めての方で助演で出演して段階的に米国市場進出を試みたし"'G・I JOE'という古くなった有名な話がありその中にストーム シャドウという刻印されたキャラクターがあればその中に忠実なことが私の役割だと考える。 'G・I JOE'を通じてハリウッドに初めて進出したので100%内好みになれない。 それよりは今は選択される立場だ"として前に選択されるために努力するとして姿勢を顔踊ることもした。





posted by kazu at 13:14 | Comment(0) | TrackBack(0) | イ・ビョンホン
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。

この記事へのトラックバック
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。