2012年04月28日

ペ・ヨンジュンの車、光る‘世界名品’に視線集中




ペ・ヨンジュンの車に視線が集中した。 行事場所に到着した彼が‘マイバッハ’でおりる姿はまるでドラマや映画の一場面と同じだったという後聞だ。 彼が新寺洞(シンサドン)に到着した時、降り立った車はまさに世界的名物車‘マイバッハ’.
26113539_tt_1.jpg

ペ・ヨンジュンの車マイバッハは過去のダイムラークライスラーが去る2002年60年ぶりに復活させた超豪華手製自動車ブランドで、世界3代ミョン車の中の一つに選ばれる。 マイバッハは年間1000代以上販売を目標に前に出したが年間販売台数は150台余りに終わって収益をおさめられないとメルセデスベンツSクラスの新しいモデルが2013年発売されればマイバッハ生産を中断すると明らかにした。

だが、このような暗鬱な展望の中でもペ・ヨンジュンの車‘マイバッハ’という名前が持った価値は相変らず‘世界最高’という自負心を作り出している。 ペ・ヨンジュン新寺洞(シンサドン)登場に現れたようにマイバッハの‘独歩的存在感’は相変らず人々の胸中に残っているためだ。

‘世界最高の名物車’は生産段階から格別だ。 マイバッハは専用スタジオのマイバッハ センターで製作されるのに一日最大生産量3台に過ぎない。 1台作るのにかかる時間約4週間に達してために年間生産台数約1000代ほどだ。

ペ・ヨンジュンの車マイバッハは車両を注文していくら早くとも7ヶ月以上を待ってこそ自身が注文した車両を受けてみることができる。 ドルビーサラウンド音響を提供するBOSEサウンドシステムと21個の600Wスピーカーが装着されて、総10個のエアーバックと飛行機一等席を連想させるリクライニングシート(reclining seat)が衝突事故時衝撃吸収に最適の状態を作って次週を安全に保護する。 その他にも各種便宜装備および色、内蔵材など総2百万種類余りのオプションを顧客の個性と好みにより直接選択できるという長所もある。

メルセデス-ベンツはマイバッハ顧客らを対象に毎年無償点検サービスを提供している。 マイバッハだけを専門で担当して'ドイツ語:Maybach-Mechaniker'で呼ばれるサービス専門家(Service Expert)がドイツ本社から直接世界各国を尋ね歩いて顧客に一対一オーダーメード型サービスを提供する。 全世界にぴったり12人だけ存在するこの専門家たちは1年365日の中で約200日間全世界を飛び回って、それによって'Flying Doctor'というニックネームと呼ばれるようになる。 去る2002年、マイバッハの復活と共に構成されたこの専門家たちはメルセデス-ベンツのテクニシャン分野で最小10年以上の教育と実務経験を整えたこれらで構成されている。

車両自らの独歩的な価値はこの車両を運行する1%人々を代弁すると見ることができる。 韓国では三星グループのイ・ゴンヒ会長とキム・スンヨン韓火(ハンファ)グループ会長、ク・ジャギョンLGグループ名誉会長、イ・ミョンヒ新世界グループ会長、そしてペ・ヨンジュン新寺洞(シンサドン)で確認したことのように韓流スターペ・ヨンジュンなどがこの車に乗っていると分かっている。 イ・ゴンヒ前会長の場合、経営一線でしばらく退いた時三星電子所有になっているマイバッハ62Sを会社に返却したという話も出てきている。




posted by kazu at 12:10 | Comment(0) | TrackBack(0) | ペ・ヨンジュン
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。

この記事へのトラックバック
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。