2012年04月25日

イ・ビョンホンアジア俳優初めてハリウッドにハンドプリンティング



俳優アン・ソンギとイ・ビョンホンがアジア俳優では最初に米国ハリウッドにハンドプリンティングを残す。
映画ホン保社ファーストルックによればイ・ビョンホンは6月23〜24日米国ハリウッドにある‘メンズ チャイニーズ シアター’を訪問して拇印をとる予定だ。 ‘英雄本性’のジョン・ウー監督を除いてはアジア俳優が跡を残すのは85年ぶりに初めてだ。

イ・ビョンホンは25日ソウル江南区(カンナムグ)、狎鴎亭洞(アックジョンドン)で開かれた映画‘紙.子供.組2’記者懇談会で“米国で映画撮影途中話を聞いた。 信じられないことだと初めには嘘だと思った”と所感を明らかにした。 俳優アン・ソンギも韓国映画祭作家協会の推薦で同日ハンドプリンティングに参加する。
メンズ チャイニーズ シアター’にはチャーリー・チャップリン、マリリン・モンロー、ハリソン・フォードなど伝説的な俳優らの自炊が残っている。 1927年立てられて以来1944〜46年アカデミー授賞式が開かれた由緒深い場所だ。




posted by kazu at 21:50 | Comment(0) | TrackBack(0) | イ・ビョンホン
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。

この記事へのトラックバック
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。