2012年04月24日

東方神起、日本ツアー55万観客動員..韓国歌手最多人員集客



東方神起が韓国歌手史上最多観客記録の55万人の観客を動員して日本ツアーコンサートを盛況裡に終えた。
東方神起は去る4月21日から23日まで日本、大阪に位置した京セラ ドームで3回公演にかけて総13万 5千余観客を動員して'東方神起LIVE TOUR 2012〜TONE〜'公演を終えた。

特に去る1月18日横浜初めての公演を始め総26回、97日間繰り広げられた'東方神起LIVE TOUR 2012〜TONE〜'が達成した55万人観客動員は韓国歌手史上最多観客記録であり日本現地TOPアーティストらもたてにくい記録であるだけに、日本現地でも大きい話題を集めた

今回の公演は去年9月日本で発売した正規アルバム'TONE'の収録曲はもちろん'Summer Dream〜High Time','Somebody To Love'など日本ヒット シングル曲、ユノ・ユンホ、チェガン・チャンミンの個人舞台、韓国で発表した'これだけは知って行って'の日本語バージョンまで多様なレパートリーで構成された。

この日東方神起は卓越した歌唱力と完ぺきなパフォーマンスで観客を圧倒したことはもちろん、流ちょうな日本語を活用したトークで観客らの笑いをかもし出すなど身近な魅力までリリースした。

また'MAXIMUM','I Don’t Know'などの舞台で見せてくれた3Dマップくるっとを導入した演出は観客に立体的で雄壮な舞台の中で歌う東方神起の姿はもちろん、実際東方神起と映像の中メンバーらのパフォーマンスが有機的に連結されながら新しい見どころをプレゼントした。

これと共に高画質大型スクリーンと大型公演会場でも響きなしで良い音響をプレゼントできる高性能スピーカーを使って最上の舞台をリリースした。

赤い色ペン ライトで京セラ ドームをすべて染めた4万 5千余観客は公演が進行される終始起立して公演を楽しんだし波乗り応援で壮観を演出した。

一緒に東方神起メンバーは公演後半、移動差を活用して公演会場あちこちを縫ってファンたちに挨拶してサインボールを投げかけるなど、一層近くファンたちと交感した。

東方神起は"私どもがここまでくることができたことは今皆さんが持っておられる赤い色ペン ライトが力になってくれたためだ。 前により一層成長して熱心にする東方神起なって感謝する"と要人を伝えた。

一方東方神起は韓国で新しく発表するアルバム準備に集中する計画だ。



posted by kazu at 22:43 | Comment(0) | TrackBack(0) | 東方神起
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。

この記事へのトラックバック
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。