2012年04月14日

"韓国では分からない…チャン・グンソクの驚くべき日本ファンたち"



列島のおよそ最高症候群はすごかったです。 日本の小さい田舎の村をマヒさせるほどでしたから。 びっしり入ったファンたちといっぱい緊張した警護員ら. また、スターを後に従うタクシー行列らまで…. 韓流の始めヨン様とピョンサマを越える人気でした。
先月10日日本、北海道、旭川カイ・某老公院でした。 総人口35万人に過ぎないこの小さい村で一度騒動が起こりました。 韓国ドラマ'ラブレイン'の撮影チームについて途方もない人波が集まったことですが。 その中心にはチャン・グンソクがいました。
'ラブレイン'撮影を終えた直後でした。 チャン・グンソクはスタッフらと簡単な会食を持った後宿舎に帰るために車を待っていましたよ。 わずか数分間に数多くの人波が駆せ参じました。 さほど経過せずチャン・グンソク周囲にはファンたちでぎっしり埋まりました。 一歩も離すのが難しい状況でした。
あちこちで歓声の声が聞こえました。 チャン・グンソクの周囲を囲んだファンたちは君も私も'およそ最高'を叫びました。 チャン・グンソクと握手をするために手をのびるファンたちもいました。 各々携帯電話を取り出してチャン・グンソクの近接写真を撮ったりもしました。
全てのものがわずかの間でした。 だが、チャン・グンソクは慌てないですよ。 かえってファンたちに感謝を伝えました。 彼はファンたちに向かって手を振ったし、頭を下げて挨拶をしました。 足の踏み場さえもなかったが癇癪を起こすそぶりは全く探せませんでした。
ファンたちに向かって楽しく笑う姿も見ることができましたが。 チャン・グンソクはファンたちが歓呼を送る時ごとに微笑で応答しました。 あの遠くからも目につくほどですね。 彼にはファンたちを近くで会うことがもう一つの楽しみらしいです。
この日チャン・グンソクはカジュアル雑誌撮影を消化しましたが。 冷たい都市男立ったキャラクターとよく合いました。 特に片方は短くその反対側は長くおりたヘアースタイルが印象的でした。 洗練されて経たイメージがキャラクターとのシンクロ率が100%でした。
反面衣装は安らかに見えました。 寒い北海道天気のためなのか厚いジャンバーを着てスキニーあるブラック陣をマッチしました。 冷たい風が吹く時は大きいフード帽子をかぶったのです。 チャン・グンソクの顔をみな分けるほどのサイズだったそうです。
今回の日本ロケーションでチャン・グンソクは決めるか(ユナの方)との初めての出会い場面を撮影しました。 70年代ロマンスから抜け出して'ラブレイン'の2幕を開くことになったことですが。 初めての出会いからどうのこうのする姿で今後のロマンスを予告しました




posted by kazu at 18:27 | Comment(0) | TrackBack(0) | チャン・グンソク
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。

この記事へのトラックバック
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。