2012年04月07日

ピーターバーグ監督、イ・ビョンホンにラブコール



‘ヘンコク’ ‘キングダム’等を演出したハリウッドのピーターバーグ監督が俳優イ・ビョンホンにラブコールを送った。



5日午前11時ソウル、杏堂洞(ヘンダンドン)CGV往十里(ワンシムニ)で開かれた映画‘バトルシップ’輸入・配給UPIコリア)マスコミ試写会には映画広報のため来韓したピーターバーグ監督と主演俳優テーラーキチュィ、ブルッククリーン デッカーが参加した。

試写会以後開かれた記者懇談会でピーターバグ監督は“イ・ビョンホンのものすごいファン”としながら“続編を撮影する機会があるならばイ・ビョンホンを海軍将校でキャスティングしたい。 今回の映画で日本文化を見せたように続編では韓国文化を見せてあげたい”と伝えた。

‘バトルシップ’は多国籍海軍訓練途中太平洋に落ちた正体不明の外界物体と死闘を繰り広げることになった海軍の話を描いたブロックバスター. 日本俳優浅野忠信が日本海軍艦長ナガタ役に出演した。

一方去る2月ロードショーのために来韓した席で韓国に対する深い愛情を表わしたピーターバグ監督は“キムチ愛好家だ。 中毒症状まであるのに韓国にきて毎日キムチを食べてうれしい。 24ポンド(10kg)に達するキムチを食べた”と挨拶の言葉を伝えて目を引くこともした。

全世界最初に韓国で先にリリースする映画‘バトルシップ’は来る11日封切り予定だ。



posted by kazu at 15:54 | Comment(0) | TrackBack(0) | イ・ビョンホン
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。

この記事へのトラックバック
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。