2012年04月02日

チャン・グンソク「視聴率ジンクス破りたい」



‘破りたい、視聴率ジンクス….’

20代男スターの先頭走者のチャン・グンソクとユ・アイン.

二は今月火ドラマkbs 2tv ‘LOVE RAIN’とsbs ‘ファッション王’で同じ時間帯で競争をしている。 二人には同じジンクスがある。 すぐにドラマ視聴率.

チャン・グンソクとユ・アインはスター性、演技力、大衆性などをあまねく整えたスターだが、唯一国内テレビ劇場では名声に似合わない成績をおさめている。

チャン・グンソクは‘LOVE RAIN’で1970年代と2012年を行き来する1人2役で正統メローに挑戦している。 だが、3月26日初回が視聴率5.8%(agbニールセン基準),2回は5.2%で振るわない成績をおさめた。 チャン・グンソクは2009年sbsドラマ‘ハンサムですね’、2010年‘結ぶだろうは外泊中’の主役を演じた時もやはり視聴率ジンクスを体験した。 ‘ハンサムですね’というostが人気を得て海外輸出にも成功したが視聴率は9〜10%台に留まった。 後続作の‘結ぶだろうは外泊中’図7.3%の平均視聴率を記録した。

‘ファッション王’のユ・アインもドラマ視聴率とは縁がない。 ユ・アインとシン・セギョン、イ・ジェフン、少女時代有利など新世代スターが総集合して目を引いた‘ファッション王’は3月19日初放送で10%を記録したが、放送2回ぶりに下落傾向を見せている。 昨年主演した映画‘ワン得が’が累積観客500万を突破して忠武路(チュンムロ)最高のスターで評価された成績表とは対照的な結果だ。

ユ・アインは2010年kbs 2tvドラマ‘成均館(ソンギュングァン)スキャンダル’でも‘かける五病み’等多様な流行語を誕生させて興行主役で評価された。 だが‘成均館(ソンギュングァン)スキャンダル’の平均視聴率は10%台であった。 その他出演作の2009年ドラマ‘結婚できない男’は平均視聴率7.6%、2008年ドラマ‘チュェガンチル’やはり10%序盤台であった。 現在のチャン・グンソクとユ・アインの‘LOVE RAIN’と‘ファッション王’がmbc ‘光と影’に押されて苦戦する中で果たして二人中誰が先に視聴率ジンクスを抜け出すかも関心事だ。



posted by kazu at 07:48 | Comment(0) | TrackBack(0) | チャン・グンソク
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。

この記事へのトラックバック
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。