2012年03月10日

JYJ公式謝罪、“最小限の人生お願いする。 そして申し訳ない”



グループJYJがサセンペン暴行悪口論議に対して公式謝った。

JYJの今回の公式謝罪は最近サセンペンの暴行と悪口内容が含まれた録音収録が公開されながら多くの論議がふくらんだのが背景になった。

JYJは8日午後チリ、サンティアゴ ラディスンプラザ ホテルで開かれた2012 JYJ南米ツアー記者会見に先立ち最近ふくらんだサセンペン暴行、悪口事件に対して謝罪してその間の苦痛を吐露した。

キム・ジェジュンは“過去の正しくなかった行動に対しては謝罪の言葉を申し上げたい”として“多くの割った方々が私どもを心配して下さって心痛めているのに申し訳なくて申し訳ない”と明らかにした。

彼は引き続き“前に精神的に大変で極限の状況がきても公認として私どもを愛する多くの方々を考えながら責任を全うして崩れない”としながら“いつも私どもを大切にして信じる割った方々に報いるために舞台で最善を尽くす”と明らかにした。

パク・ユチョンもまた、謝罪を伝えてその間の苦痛を吐露した。

パク・ユチョンは“去る2004年度にデビューした以後今までとても幸いに多くの大衆に過分な愛を受けた。 だが、他の一方では一日ももれなく写生ファンたちに絶え間ない苦痛を受けた”とその間の苦衷を吐露した。

引き続き彼は“誰か数時間私を監視して私の全てのものを共有しようと一方的に�ア通うのは窓の桟ない監獄と同じだった”として“避けようと努めて抜け出そうともがいても常に閉じ込められた空間で精神的苦痛を受けなければならなかった”と付け加えた。

キム・ジュンスやはり写生ファンたちで苦しめられたことが少なくない苦痛であったのを明らかにした。彼は“初めにはファンたちの愛が科したものと考えたが、身分証を盗用して通話内訳を全部露出して、さらに自動車に位置追跡GPSをこっそりと装着してずっと�ア通った”と明らかにした。

引き続き“頻繁に無断侵入して個人物を撮影して、寝ている私にタガワ キスを試みることもした”として“日常が崩れ落ちた。 この言い表すことできない苦痛中で最小限の人間的な人生をお願いしたい”と頼んで衝撃を与えた。

一方JYJは9日チリ、サンティアゴと11日ペルーリマで単独コンサートを開催する。



タグ:JYJ
posted by kazu at 13:50 | Comment(0) | TrackBack(0) | 東方神起
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。

この記事へのトラックバック
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。