2012年02月25日

ペ・ヨンジュン次回作はやはり"ドラマ”



チョン・ドヨン、ペ・ヨンジュン共有、イム・スジョン... 大韓民国トップ(のこぎり)俳優がブラウン管復帰を狙っている。主に作品性ある映画らに出演して'カンヌの女王'席まで登板したチョン・ドヨン、作品選ぶ見識が繊細なことで噂になった韓流スターペ・ヨンジュン、主にスクリーンで猛活躍して居間ファンたちののどの渇きを呼び起こしたイム・スジョンまで、有名なトップ俳優が映画シナリオでないドラマ シノプシスを読むのにどっぷり浸かった。

演技内面空白や認知度面で優れたこの三人は特に忠武路(チュンムロ)交渉1順位だ。 チョン・ドヨンやイム・スジョンは言うまでもなくてもペ・ヨンジュンやはり粘り強い映画ラブコールを受け入れた状況. だが、本来この俳優が喉が渇いてすることはドラマだ。 映画も良いがドラマを通じて視聴者たちに会いたいというのがこれらの共通した望む。

実際に去年から始まったスクリーン主役らの居間Uターン現象を見れば知ることが出来る。 主にスクリーンだけで活動してチケット パワーを持った俳優がブラウン管で視聴率牽引車役割をやり遂げた。 '根が深い木'のハン・ソッキュがそうしたし'ブレーン'のシン・ハギュンもそうした。 また、今年前半期にはチャン・ドンゴンがSBSドラマ'紳士の品格'で12年ぶりの居間カムバックを控えている。

チョン・ドヨン、共有側関係者は最近OSENに"チョン・ドヨン氏が映画でないドラマを次期作で考慮している"として"映画ももちろん着実に検討中だがドラマに対するのどの渇きがより大きい。 色々なドラマから出演提案を受けたがまだ気に入る作品に会うことができなかった"と話した。

また"'カンヌの女王'という修飾語のためなのか'チョン・ドヨンは映画だけする'という先入観があるのにこれは事実と違う"として"良いドラマがあるならばいつでも出演するつもりだ。 年内でブラウン管に復帰するという計画だ"と伝えた。 'ルツボ'ヒーロー共有もまた、今年は必ずドラマ一つに出演するという覚悟だ。

ペ・ヨンジュン、イム・スジョン側関係者やはり"次期作でドラマを積極的に検討している"として"ペ・ヨンジュン氏やはりドラマで視聴者たちを訪ねるという意志が強い。 イム・スジョン氏も'ごめん,愛してる'以後ドラマをしたことがないのに近い将来良いドラマに出演するために多様なシノプシスを読んでみている"と耳打ちした。

このようにチケット パワーや人気面で二番目行けば佗びしいトップ俳優がかえって'スクリーンだけ探す'という周囲の先入観らを破りたい欲望が強いこと。 映画というジャンルにだけ限定しないで居間とスクリーンを行き来して猛活躍するこれらの姿が期待される。





posted by kazu at 10:20 | Comment(0) | TrackBack(0) | ペ・ヨンジュン
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。

この記事へのトラックバック
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。