2012年02月25日

JYJキム・ジェジュン、キム・ジュンス、予告ないびっくり舞台挨拶'焦土化'



グループ'JYJ'の日常ドキュメンタリー'The day'が紆余曲折の末いよいよ公開された。'さらにデー'は去る23日ロッテシネマ全国主要20個カンを通じて同時に封切りした。 週末前売り率1位と全席売り切れを立証するように、上映館は観客らでぎっしり埋まった。

特に観客の90%以上が女性ファンらなので目を引いたし、ファンたちは期待反ときめき半分で上映館外で'JYJ'に対する話を交わして立場時間を待つ姿を見せた。

先立って'The day'はケーブルチャネルQTVで放映される予定だったが突然取り消しになった。 以後去る1月CGVで開封される予定だったがやはり封切り取り消し通知を受けることになり多くの論議がおきた。 結局、ロッテシネマを通じて封切りに成功することになったこと。

'The day'は去る2011年'JYJ'メンバーらの家、画報撮影現場、誕生日パーティー、趣味生活、ミュージカル練習など多様で多彩な姿を現わした約1時間40分分量のドキュメンタリー. メンバーが映像を共に見ながらその当時の所感とエピソード、心境などの話を交わす形に進行された。

この日ファンたちは'The day'が上映される終始キム・ジュンス、パク・ユチョン、キム・ジェジュンの声と行動一つ一つに反応を見せて歓呼と叫び声を送った。 また、映像末"舞台の上で歌う時が一番幸せだ。 2012年にもうまくいったら良いだろう。 私たちの三は本当によく会ったようだ。 今後も熱心にしよう"という三人の真の告白には涙を拭くこともした。

'The day'を見たファンたちは"今でも見ることができてとても良かった","見ている間中、幸せだった","JYJ一生応援したい"等の反応を見せた。

一方、'JYJ'は23日ロッテシネマ弘大入口(ホンデイプク)観で1次舞台要人を持ったし、24日午後7時30分から建大入口(コンデイプク)観で2次舞台要人を進行する予定だ。

20120224_1330052103_16610100_1.jpg

グループJYJメンバーキム・ジェジュン、キム・ジュンスが予定になかった舞台挨拶を進行して観客らをびっくり驚かせた。


JYJはドキュメンタリー'さらにデー(THE DAY)'封切り当日の去る23日ロッテシネマ弘大入口(ホンデイプク)で四回舞台挨拶を進行した。


JYJメンバーらの平凡な日常と夢など率直な人生の話を入れた'さらにデー'はケーブルTV QTVで放映される予定だったが放送取り消し、以後CGVで開封される予定だったが取り消し通知を受けたし結局ロッテシネマで単独開封された。


キム・ジェジュンは弘大入口(ホンデイプク)で舞台挨拶を終わらせた後単独で新林(シルリム)へ向かった。 当時映画館にあった観客によればキム・ジェジュンは映画が終わった後登場したしサングラスを取り外してくれというファンたちの要請にも快く応じた。 また、男性ファンを発見したキム・ジェジュンは質問もするなど温かい時間を過ごした。


キム・ジュンスは建大入口(コンデイプク)へ向かった。 建大入口(コンデイプク)舞台挨拶は公式に来る25日だったがファンサービス次元でびっくり訪問をしたのだ。 突然の登場してファンたちは歓呼を怒鳴ったという後門(後聞)だ。


これにインターネットユーザーは"惜しい! キム・ジェジュン、キム・ジュンス見られたのに" "キム・ジェジュン、キム・ジュンスびっくり登場" "突然舞台挨拶にキム・ジェジュン登場びっくりした"等の反応を見せた。



タグ:JYJ
posted by kazu at 10:11 | Comment(0) | TrackBack(0) | 東方神起
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。

この記事へのトラックバック
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。