2011年09月19日

チャン・グンソクはペ・ヨンジュンを凌駕できるか?



韓流取材のためにこの頃韓国を訪れる日本放送をはじめとする日本言論は一途のように探すスターがある。 すぐに韓流スターにそびえ立ったチャン・グンソクだ。
チャン・グンソクの一挙手一投足に対する日本言論のニュースがあふれてチャン・グンソクを他のタキュメントリウルはじめとする多様なプログラムが次から次へ製作されている。 日本でのチャン・グンソクのCF身代金などは日ごとに沸き上がっている。

‘ハンサムですね’のDVD貸与件数が‘鏡恋歌’を追い越すなどチャン・グンソクが出演したドラマや映画、出版物が爆発的な反応を導いている。 チャン・グンソクのファン(パン)は既存のハルリュペンで象徴された中壮年層女性が主流でない大衆文化消費を主導する10〜30代若年層が主流だ。 チャン・グンソクのファン規模と暴徒拡大一路だ。

チャン・グンソクが日本で爆発的な反応を導いて韓流スターで華麗な飛行をするようにさせた原動力はドラマ‘ハンサムですね’だ。 ペ・ヨンジュンが‘冬のソナタ’を通じて日本で韓流スターで非常だったようにチャン・グンソクはアイドルグループ メンバーらの成長と愛を扱った‘ハンサムですね’を通じてペ・ヨンジュンを凌駕する人気を得ている。

最近韓国を訪問して会ったいくつかの日本の報道機関らのPDと記者たちが共通して質問したのがすぐにチャン・グンソクがペ・ヨンジュンを凌駕できるかという質問だった。 ドラマや映画の韓流が以前とは違った代わりにK-POPを中心に韓流が再跳躍している。

こういう状況でチャン・グンソクが日本で爆発的な人気を呼んで韓国ドラマ人気を再上昇させる牽引車役割をする主導的な役割をしたことは大きい意味がある。 そしてチャン・グンソクはペ・ヨンジュンを凌駕できる強力な点も持っていて韓流スターとして競争力も高い。

チャン・グンソクがペ・ヨンジュンを凌駕する部分はすぐに絶えず作品を通じてファンたちと疎通することを試みることだ。 ペ・ヨンジュンは‘冬のソナタ’を通じて韓流スターにのぼった後ごく少数の作品だけをしながら映画やドラマを通した持続的なファンとの疎通をしなかった。 このために韓流演技者なのか韓流事業家なのか区分にならないという一部の人々の批判まで提起された。

チャン・グンソクは‘ハンサムですね’で韓流スターで非常だった後にも直ちにドラマ‘結ぶだろうは外泊中’映画‘君はペット’等に連続出演したし来年初めには‘冬のソナタ’の演出者ユン・ソクホPDが作る‘愛費’の男主演に出る予定だ。 チャン・グンソクはこのように持続的な作品出演で韓流スターとしての人気を持続するという立場だ。 一部韓流スターがある二つの作品の成功でその人気に安住して作品よりは事業に注力するのと全く違ったのだ。

チャン・グンソクは演技だけでなく音楽に対する情熱と実力も整えていてマルチ エンターテイナーで活動する部分もペ・ヨンジュンを凌駕することができる原因として作用する。 チャン・グンソクはレコードを発表するなど歌手としての活動もしている。 このようなマルチエンターテイナーの容貌は日本での多様なチャン・グンソクの文化商品に対する関心につながっている。

そして何より着実に準備して水準にのぼったチャン・グンソクの日本語実力は日本での韓流スターで活動するのに大変重要な資産であり他の韓流スターを圧倒できる競争力がある武器となる。

そしてチャン・グンソクは海外ファン、大衆との一定の距離を維持して神秘主義イメージやマーケティングを駆使する相当数韓流スターとは違いファンの中に大衆のそばに近付く日常性と親近感のイメージを構築する歩みを見せるのもチャン・グンソクが海外で韓流スターでロングランをできる土台になる。

その他のチャン・グンソク情報



posted by kazu at 09:57 | Comment(0) | TrackBack(0) | チャン・グンソク
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。

この記事へのトラックバック
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。