2011年08月29日

東方神起、‘a-nation エンディング公演’その意味は?

htm_20110829103310c000c010-001.jpg

東方神起のa-nationでの公演が韓国内でも話題になっています。
グループ東方神起が日本でもめ事を起こした。

これらは去る27日日本、東京アジノモト ステディウムで開かれたエイベックス主催の野外音楽フェスティバル'エイネイション(A-Nation)'東京公演のエンディング舞台を飾った。 '日本ポップのアイコン'浜崎アユミを抜いて舞台に上がった東方神起は'スーパースター' 'なぜ' 'ライジング サン'等五曲を公演して5万 2000余観客の熱い呼応を受けた。

日本最高の夏音楽フェスティバルと指折り数えられる'エイネイション'は日本歌謡界のエースが参加する舞台. エンディング舞台は日本国内'最高中の最高'が上がるという象徴性を持っている。 浜崎アユミは新年ハヌェを抜いて2003年から8年連続でエンディング舞台を守ってきた。 海外歌手が'エイネイション'のエンディングを飾ったことは今回が初めて。 その上日本現地で反韓流デモが広がっているなかで東方神起がエンディングを飾ったことは色々な面で意味のある事件だった。

特に公演前は浜崎アユミがエンディングで舞台に立つと発表されたが10周年を記念したびっくり舞台で東方神起がエンディングに上がってファンたちの驚きはより一層大きかった。

日本有力演芸媒体らも東方神起のエンディング装飾を特筆大書した。 28日日刊スポーツは'東方神起のエンディング装飾は時代の変化を感じるほどの公演だった。 浜崎アユミをエンディングで分かっていた観客がびっくりしながらも途方もない叫び声で東方神起をむかえた'で伝えた。 またテイルリスポツも同日'東方神起がエンディングを引き受けた2011年8月27日の公演は前に画期的な事件で記憶されること'としながら特筆大書した。

ある日本音楽関係者は"東方神起が日本主流ポップに奥深く位置しているとのことを証明したこと"としながら"反韓流の雰囲気が韓国歌手らの勢いを折れないだろう"と伝えた。 所属会社SMエンターテインメントは"K-POPブームが起きる前から東方神起は徹底した現地化戦略を駆使した。 現在の成果は長い間の努力の結果"と評価した。

その他の東方神起情報を見る

東方神起関連商品



タグ:東方神起
posted by kazu at 21:58 | Comment(0) | TrackBack(0) | 東方神起
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。

この記事へのトラックバック
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。