2011年08月13日

演技者としてのペ・ヨンジュンはいつ見ることができるのか?



“ペ・ヨンジュン氏はいつ作品(ドラマや映画)を通じて見ることができるんですか?”何日か前韓流と関連して日本放送会社PDと韓流関連雑誌社記者が私にした質問です。
本当に当惑したのです。 考えてみると2007年‘太王四神記’以降、演技者ペ・ヨンジュンの姿は見ることはできなかったです。 一つの作品がありましたね。 4年ぶりに演技者ペ・ヨンジュンを見ることができたことは今年1〜2月放送されたドラマ‘ドリームハイ’でした。 だが、このドラマでペ・ヨンジュンの出演はゲスト出演といっても過言ではないです。 このために“ペ・ヨンジュン出演するという言葉はドラマ国内外目を引く広報用だったか”という非難があふれました。

日本などで韓流が荒々しく起こりながら最も大きい受恵者に浮び上がった人々は韓流スターらです。 その中から‘冬のソナタ’に日本で最高韓流スターに浮上したペ・ヨンジュンは途方もない人気を土台に莫大な収入を上げました。 ペ・ヨンジュンは最も韓流の最も多い果実をおさめたスターに選ぶことができますね。

ところで韓流スターに浮上した以後ペ・ヨンジュンは他の韓流スターとだいぶ差別化した歩みをしました。 チャン・ドンゴン、イ・ビョンホン、ウォンビン、チェ・ジウ、東方神起など韓流スターは着実に映画やドラマそして音楽等を通して国内外ファンと大衆と疎通をしてきました。 ‘冬のソナタ’でペ・ヨンジュンと共に最高の韓流スターに浮び上がったチェ・ジウは映画‘女優ら’‘連理の枝’ドラマ‘スターの恋人’‘エアーシティ’‘輪舞曲’等着実に作品を活動をして演技者として面目を見せました。 だが、ペ・ヨンジュンは作品を通した演技者としての姿はほとんど見られなくて事業家としての面目をさらに見えたのが事実です。

ペ・ヨンジュンが事業を選択しようが演技を選択しようが個人的な問題だろう。 だが、ペ・ヨンジュンは演技をしてこそ大衆に存在意味を持つようになる演技者です。 粘り強い作品活動により演技者としての変化そして進化する姿を見せてファン層を拡大することが事業的な側面でも有利です。

日本など海外ファンだけでなく国内ファンたちもCFでないドラマや映画を通じてペ・ヨンジュンの演技者としての姿をたくさん見たがります。 演技者が作品を通じて大衆と呼吸して疎通することが極めて当然の姿であるためです。

作品を通じてペ・ヨンジュンの姿をほとんど見ることはできないから国内でのファン層は弱まってスター性と商品性も下落しているのです。 また、海外で作品を活動を持続的にする韓流スターらと新しい新鋭韓流スターが上昇の勢いを見せてファン層を拡大する反面永らく作品に出演しないでいるペ・ヨンジュンのファン層は停滞局面に入り込んでいます。

ペ・ヨンジュンの所属会社では作品出演交渉が粘り強く入ってきていて次期作選択に悩み中にあるという原則的な立場だけ明らかにしています。 もうそのような対外用リップサービス立場発表でない実際作品を通じてペ・ヨンジュンに会いたいです。 私も日本記者とPDが私にある質問をペ・ヨンジュンにします。

“ペ・ヨンジュン氏! 演技者としての姿をいつ見られましょうか?”

その他のペ・ヨンジュン情報

ペ・ヨンジュン関連商品



posted by kazu at 16:31 | Comment(2) | TrackBack(0) | ペ・ヨンジュン
この記事へのコメント
ヨン友が集まるといつもそのような話です。
ファッションブランドや企業のモデルでない彼の演技者としての姿が見たいのです。
若い人を育てることに意欲もありそうですが彼の演技を画面を通してみたいのです。

先日パクチニョン率いるJYPエンターテーメントのコンサートに行きましたが、ヨン様と同じ年のパクチニョンが踊り、歌いと弾けていたのを見て、まだまだヨン様も彼に彼に負けず劣らず精力的にファンの前で動いて欲しいと願いました
Posted by misuna at 2011年08月21日 10:12
misunaさま
コメント有難うございます。
私も全く同様です。
早く「次回作決定!!」との知らせを聞きたい、と願い続けています。
Posted by KAZU at 2011年08月21日 12:22
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。

この記事へのトラックバック
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。