2011年06月18日

イ・ビョンホン、インタビュー

htm_20110616103124c000c010-001.jpg

長い間のキダリムクッになされたトップスターイ・ビョンホン(41)との独占酔中トーク.ひとまず印象から新たに驚くべきだった。時々会う時ごとに感じたことだったが不惑を渡した年齢なのに全くおじさん同じに見えなかった。特有の気さくな目つき、大きくてすっきりした微笑が本当に明るかった。頭で前額を覆ってブルーチェック紋カジュアルを着ていると'青年'のように見えた。

記者は彼と同い年なのに10年は若く見える容貌のために危うく手下の人にそうするようにうれしいということの表示で肩をトダギル ポンした。 ビールを飲みながらある対話でも彼は'フレッシュ'(Fresh)とよどみなかった。 その間胸を開いて話す機会がなかっただけであったというもようほとんどすべての質問に即答した。 "これは困る"という式でブレーキをかけることもなかった。

'G.I.Joe2'でハリウッド再進出を目の前に置いたイ・ビョンホンはワールドスターらしい余裕とウィット、身近なことで記者を感動させた。次は隠密で愉快だったイ・ビョンホンとの4時間.
▲鉄心除去手術回復中

-白象対象もう一度祝います。

"この席を祈ってそこまで言及できなかった方らにまた有り難みを伝えたいです。 長らく良くないことしている所属会社ソン・ソクウ代表をはじめとしてマネジャーとスタッフら、そして主催社の日刊スポーツにありがとうございます。 また、これを契機に'悪魔を見た'をさらに多い方々が見たらと思います。"

-全く予想できない表情であったのに….

"とても驚きましたよ。 最優秀演技賞ではないのでそのまま授賞者で参加するのに関心を持つべきだとしたがびっくりしました。 本当に受賞可否あらかじめ知った知らせられるということ分かりました。"

-首相翌日に予定された足首鉄心除去手術経過は。

"左足首桃骨にあった鉄心2個を取り出しました。 まだ糸屑は解けませんでしたし。 うまくいったようです。"

-'奴奴奴'時ケガしたものと。

"そのとおりですよ。 ところで撮影会場でなく滑稽にも家でケガしました。 歩いて足を間違ってふんでそうしましたよ。 外にただアクションシーン撮影中にケガしたものでして下さい。(笑い)"

▲高校の時ニックネームは'ターミネーター',趣味は腕相撲

-回復中に酒は大丈夫か分からないでしょうね。

"それでは酒は抜きましょうか?(笑い)大丈夫なんですって。 酔中トークなのに…術陥ってはいけません。"

-好む酒類は。

"特別に分けることはないけれど焼酎飲めば顔がたくさん赤くなってなりません。 軽くビールやワインを楽しみます。 家にワイン何本あってよ。"

-誰でも酒失敗エピソードはあるでしょう。

"私もありましたよ。 高2の時だったかそうしました。 学校で先生にひどい目にあってカッとする心にスーパーマーケットで焼酎を1本司書家に持って入って飲みました。 まともにワンショット一件その時が初めてでないかと思います。 もちろんその後にとても苦労しましたよ。"

-高校時はどんな学生でしたか。

"中東(チュンドン)高校を通いましたが。 平凡な学生でした。 ところで友人が私を'ターミネーター'と呼びました。 今考えてみれば私が力自慢をちょっとたくさんして通ったようです。(笑い)

-それではひょっとして不良サークルのメンバーで…

"エイ、全く違ってよ。 友人らと面白味で腕相撲競技をたびたびしました。 非公式的には負けてみたことがなかったようです。 今はそのようにできないです。"(笑い)

htm_20110616102823c000c010-003.jpg

▲出世作'明日は愛'裏話してみたら…

-大学時代も気になります。

"漢陽(ハンヤン)大仏文科を通いましたよ。 その時だけでも反全体3分の2は女子学生だったようです。 良かったんですよ何(笑い)"

-そうだ、イ・ヨンエ氏が同窓ではないのですか。

"そうです。 同じ入学年度で漢陽(ハンヤン)大独文科だったんですよ。 学校通う時も分かってはいたが会ってみたことはないようです。"

-大学するから'明日は愛'のイ・ビョンホン氏が思い出されますね。

'明日は愛'は1992年11月から1994年10月まで2年間KBS 2TVで人気の下に放送された青春ドラマだ。 大学生らの荒っぽいキャンパス ライフを実感できるように扱って大きな愛を受けた。 '冬のソナタ'のユン・ソクホPD,'若者の日の当る場所'の電算PDが演出してイ・ビョンホン・コ・ソヨン・パク・ソヒョン・キム・ジョンギュン・キム・チョンナン・イギョン心など新人スターが大挙出演した。 イ・ビョンホンはこのドラマの八方美人シン・ポムス役に一躍スターダムに上がった。

"2年間あたかも実際大学生活のようにしたドラマです。 シン・ポムスがそのまま私であったようです。 即興的なアドリブも多かったんですってば。 エピソードらも実際理由に基づきました。 今とすればホン・サンス監督様式のドラマでなかったかと思います。 後ほど放映終了して別れる時互いにわあわあ泣きましたよ。"

-当時メンバーら近況は。

"それにしてもこの前に電算PD,キム・ジウ作家様と出演俳優が一度に会う機会がありました。 とてもうれしかったんですよ。 弁韓人もいて一つも変わらなかった人もいて…その時そうしました。 私たちの4部作ぐらいなるアフターストーリー特集劇でもう一度一つになりましょうかと。"

▲キム・ジヨン先生"今でも文字連絡",パク・グニョン先生"一番恐ろしくて"

-有難い方々が多いです。

"そうですね。 ユン・ソクホPD様、電算PD様はもちろんでデビュー作'アスファルト我が郷土'とりながらチョン・ウリョンPD様に悪口もたくさん言われましたし。 '日が昇る日'のオム・ギベクPD様は新人に大きい機会を与えられた私には一生の恩人のような方です。"

その他にもイ・ビョンホンは自身が出演したドラマや映画の題名と沿道を挙げて数多くの出演者とPD・作家の名前を羅列した。 その時ドラマ主題曲が何だったのか、現場状況がどのようだったのかもトリョチ思い出した。 デビューの時から'賢い友人'で定評が高かったのはすぐにこういうものためであっただろう。

-記憶に残る先輩・後輩は。

"キム・ジヨン先生とパク・グニョン先生が思い出されますね。 キム・ジヨン先生は今でも時折文字をやり取りします。 '君が誇らしい'で送る文字がとても大きい力になります。 パク・グニョン先生は私に毒舌をはばからなくて記憶に残る方だよ。"(笑い)

-どのようにされたので…

"新人の時あるドラマに一緒に出演することになったが初めての台本リーディングでとても大きくひどい目にあいました。 いっぱい緊張した状態でめちゃくちゃで台本リーディングをして厳しく叱られたことでしょう。 'あれためにドラマみな滅びたよ'という声まで聞いたからです。"

-あんな、それでどうなったんですか。

"悩み悩んで後ほど一人で訪ねて行って謝罪して助言を求めましたよ。 なのでとても明るくてやわらかい表情で'オ、そうだこっちにきてみろ'いって教えて下さいますよ。 それで'これだね'しましたよ。"(笑い)

htm_20110616102823c000c010-002.jpg

▲'G・I JOE2' 8月クランクイン、1編俳優中ただ3人だけ合流

-みなそのような時があったのでハリウッドも進出してそうすることでしょう。

"そうですね。 あまりにも有難くて大切な方々です。"

-'G・I JOE2' は準備がどうなって行くんですか。

"今月中旬ぐらい米国に発ちそうです。 8月頃にクランクイン予定です。 あらかじめ入ってすることが多いです。 英語勉強も加えてアクションが多くなったのでからだも作らなければならないよ。 今回行けば今年の年末までなければならないと思います。"

-1編メンバーがみな出演するんですか。

"そうではありません。 私とチェニン テイターム、スネーク アイズだけ出演します。 演出者もジョン、チュ監督に変わりましたし。 まだキャスティングも絶対秘密なのに2編合流が不発になった女優レイチェル ニコルスがツイッターに上げながら外に知らされたと分かります。"

-そこにありながらハリウッド作品もう一つしますって。

"そのままこういう作品があるという報せに接した程度としなければならないでしょうか? まだ話だけ行き来する水準です。 ご存知でしょう。 ここでは確定する前までは誰も分からないということ。"

-この前中国作品出演の便りは何ですか。

"それはまったく何か分からないです。 私も知らないことです。"

★イ・ビョンホン プロフィール

-生年月日:1970年7月12日

-身体条件:177cm、72kg

-デビュー:1991年KBS公開採用(公債)14期

-血液型:O型

-学歴事項:ソウル大王初-ヨンドン中-中東(チュンドン)高校-漢陽大仏語仏文学と卒業

-作品事項:'ポリス'(94) 'ハッピーツギャザー'(99) 'オールイン'(03) 'アイリス'(09)以上ドラマ/ '私の心のオルガン'(99) '共同警備区域JSA'(00) 'バンジージャンプをする'(01) '甘い人生'(05) '奴奴奴'(08) 'よ。子供.組'(09) '悪魔を見た'(10)以上映画

-受賞経歴:SBS演技大賞大賞(03)第42回百想芸術大賞映画部門最優秀男演技賞(06) KBS演技大賞大賞(09)第3回東京ドラマ オウォーズ アジア最優秀演技賞(10)第47回百想芸術大賞映画部門大賞(11)


▲私よりタフなお母さん、愛らしい妹

-その間家族話をしたことはあまりないようです。

"個人的なインタビューをしたのが古くなったようですね。 そして事実個人的な話をするのを楽しまないので…ご存知でしょう?(笑い)"

-お母さんはお元気ですか。

"とてもお元気で。 意外に顔が広くて外出たくさんされてよ。 車道SUV(スポーツ ユーティリティ車両)を乗って下さい。 性格が男性的なのに前容貌や性格がお母さん側に似たようです。"

-食べ物手並みも良いですって。

"それをどのように? 実は'共同警備区域JSA'とる時お母さんのキムチのりまきがヒットしたことがあります。 周辺でおいしいと大騷ぎが起こりましたね。 パク監督様はフランチャイズすることになれば必ず挟んでくれと冗談を言われるほどでした。"(笑い)

-父親は早く亡くなりましたが。

"1998年であるから'白夜3.98'とった以後でしたよ。 ベトナム関連ビジネスをしたが当時に事業が難しくなりながら増えた借金でストレスが多かったです。 結局現地で倒れて患者輸送機を送って国内にむかえてきましたよ。 一週間昏睡状態とおられて亡くなりました。"

-妹イ・ウンヒ氏は極東(ククトン)大講義します。

"違います。 それは止めましたし。 2年前からは母子(帽子)デザインと製品製作・販売をしています。 もう良い人と結婚しなければならないですね。"

イ・ビョンホンとインタビュー後でイ・ウンヒの熱愛説が伝えられた。 ある平凡な会社員と結婚を前提に4年目交際中だった。 イ・ビョンホンは京畿道(キョンギド)広州(クァンジュ)の別荘でお母さん・妹と生きている。 早く亡くなったお父さんの代わりをして家の家長役割をしている。

イ・ビョンホンは芸能人の私生活公開に対して"クダク賛成しない"とした。 大衆芸術をする人々は事故(思考)が自由でなければならなくて自身のこととして勝負しなければならないから人間的な評価はかえって毒になることもできるという考えであった。 しかし久しぶりに父親を回顧しながらも表情が安らかだった。

▲するのにコンプレックス?"笑おうという話.深刻に考えはしなくて"

-トップスターイ・ビョンホンもコンプレックスがあります。

"その話なぜしないと思いました。(笑い)白象所感もどうして見たらキーに関する所感をしましたし。 だが、全部笑おうというんです。 本当にコンプレックスならば話にもならないでしょう。 前回比較写真見てもたくさん笑いました。(笑い)"

-それでは底の材質使うんですか。

"普段には当然違って授賞式場のようなところからは時々使ったりもします。 スタイリストの助言によりスタイルを完成するためのことでしょう。"

-他のコンプレックスは。

"本来はとても大きい歯、ゆがんだ口、そしてとても低音の声までコンプレックスでした。 ところでこれが歳月が流れながら特徴と長所になりましたよ。 それで下ろした結論はコンプレックスは自分だけの誤解ということでしょう。"

-整形に対してはどう思います。

"開城市(ケソンシ)対だからできるでしょう。 しかし俳優はちょっと違います。 個人的には年齢に合うように老いていく姿が見栄えが良く見えます。"

htm_20110616103124c000c010-002.jpg

▲"運良く韓流時代に生まれて愛されることに報いなければ"

-イ・ビョンホンといえば韓流省けません。日本ファンらに愛される秘訣は。

"私は運が良いようです。 韓流が力を得る良い時代に生まれて運良くも愛されているんです。 受けた愛をみなお返しする訳には行かないが少しでも報いなければなければならないと考えます。"

-前回地震被害の時7億ウォン寄付は本当にすごかったです。

"当時にとても衝撃を受けました。 ちょうど休む時なので家でおよそ3日ほど災害画面だけ見たことのようです。 人類の災難だと考えました。 何かをしなくてはいけませんでした。"

-もし俳優ではなかったとすれば。

"何かあちこち歩き回る仕事をしたことのようです。 この前にコーヒーバリースター資格証を取りました。 そして何か作ることにも関心多いです。 木工芸・絵・書道をほどほどにしました。"

-最後に米国出国前ファンたちに一言.

"米国でも国内でそうしたように熱心にするでしょう。 応援して下さってよ。 また会う日まで全部幸せだったらと思います。"

たとえ数時間に過ぎなかったがイ・ビョンホンの真の姿を見るには十分なインタビューであった。

彼は考え以上で愉快できれいだった。 その間のデマにも誤解が多かった。

ある広告CF中途下車を契機に広がった'チャンドリソル'は最も大きい誤解であった。 日本地震被害復旧のために7億ウォンを寄付したことを見れば分かる。 過去同苦同楽したマネジャーの結婚式時は想像以上の祝儀金を伝達することもした。

基本的にお金に関する限りこれと言った関心がなかった。 財テクは分かることもできないのみならず全面的にお母さんに任せるといった。 3年前から直接してみようかと思う考えもしたがあまりにも苦手だとあきらめたんだ。 所属会社BHエンターテインメントの事実上主人だが会社帰る財政状態も一切関与しないでいた。

好むプログラムも通常の視聴者と同じだった。 '私は歌手だ'と'スーパースターK'を見て歌手らの情熱に感動を感じていた。 また、ドキュメンタリーをより好きになったといった。 最近'アマゾンの涙'をまた見ることに見たし実は"'人間劇場'のようなドキュメンタリーを見て泣いたこともある"とした。

それでもトップスターとして最小限の自尊心は守った。 こんがらかった姿を見せたくなくてわざわざファンたちの前で'分からないように'したエピソードを公開した。

"一度は休む日京畿道(キョンギド)広州(クァンジュ)家で税収もしない顔で麦わら帽子一つかぶって家前庭ナツメに這い上がってナツメを取るのに後方で一群れの日本ファンが'ビョンホン氏家どこです'と尋ねますよ。 私がどのようにしました。 瞬間慌てたりこの姿を見せてはいけないという考えに思わず'あちらです'とこっそりと家に逃げました。 急でそのようなものだがその時その方ら申し訳ありません。"(笑い)

酔中トークが終わってイ・ビョンホンは明るく笑った。 ほっとする一方名残惜しいという表情であった。 "もっとせざるをえないのではないか"とかえって心配した。 その時始めて彼から年齢が少し見えた。

その他のイ・ビョンホン情報

イ・ビョンホン関連商品



posted by kazu at 10:26 | Comment(0) | TrackBack(0) | イ・ビョンホン
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。

この記事へのトラックバック
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。