2011年05月12日

“JYJ慈善公演妨害するな”日本ファン署名運動



“その間静かに見守っていた私たちファン(日本ファン)はエイベックスがJYJの日本慈善公演を邪魔するのに忍耐力の限界に到達しました。 契約を盾にして日本被災者のための行事を邪魔するエイベックスに激怒します。”
東方神起脱退余波で国内放送出演が不如意である人気3人組アイドルグループ チェイワイジェイ(パク・ユチョン、キム・ジュンス、キム・ジェジュン)が日本国内所属会社のエイベックスの制動(ブレーキ)で日本活動まで難しくなるとすぐに日本ファンらが持って立ち上がった。  

 直接発端は、チェイワイジェイの3・11大地震被災者を助けるための大規模日本慈善公演計画(6月7日)が失敗に終わる危機に置かれることになったという便りが伝えられてからだ。 昨年10月突然チェイワイジェイの日本国内‘活動休止’(活動停止)を宣言したエイベックスの処置に沸き立っていた日本ファンたちの不満が公演霧散の可能性に爆発したのだ。 日本の大型演芸企画会社のエイベックスは東方神起の日本国内所属会社でチェイワイジェイが東方神起脱退を宣言した以後の2010年3月チェイワイジェイの韓国内マネジメントをするシジェスと日本国内活動に関する正式契約を締結した後7ヶ月ぶりに突然活動中止を発表した。

これに伴い、いくつかのファンたちが先月19日チェイワイジェイの日本活動再開を要求する‘要望で’を作成するとすぐに1ヶ月もなれないで12日現在1万人余りを越えるファンたちが署名に参加した。 記者が今回の事態に対してツイッターを通じて日本ファンらの意見を聞いた結果何時間ぶりに200件以上の文が殺到した。 エイベックスの行動を納得できないという内容が大部分だ。

特にチェイワイジェイの日本慈善公演開催予定日だった来月7日は東方神起の大阪公演がある日なので公演取り消し背景を囲んで疑惑の注目も集まっている。

シジェスは最近報道資料を通じてチェイワイジェイは来月7日2万席規模の埼玉スーパーアリーナでチャリティーコンサートを開催することにして公演会場貸与契約まで終えたが突然契約取り消しを通報されたと明らかにした。 シジェスチョクは“エイベックスの妨害工作が今回の事件(契約取り消し)の導火線になった”と主張した。

 エイベックスはこれに対して“チェイワイジェイはエイベックス専属歌手なので今回のコンサート契約は明確に契約違反だ。 また、私たちが見るには今回のイベントは(慈善行事だが)営利目的がある”として“現在の営業権侵害で仮処分申請中”と明らかにしたと日本週刊誌 週刊文春が最近報道した。

 ペク・チャンジュ シジェス代表は 通話で“どうにか公演成功のために公演会場関係者たちを説得中”としながら“(エイベックスが)表面的には東方神起と紛争中という理由を取り上げ論じているが実際にはチェイワイジェイの世界活動マネジメント権利を持とうとすると見られる”と主張した。 チェイワイジェイのチャリティーコンサートは現在の売り切れ状態だと知らされた。

その他の東方神起情報を見る

東方神起関連商品



タグ:JYJ
posted by kazu at 21:09 | Comment(0) | TrackBack(0) | 東方神起
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。

この記事へのトラックバック
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。