2011年05月07日

チャン・グンソク、日本でも'チャン・グンソク時代'開く..."第2のパク・ヨンハ"マスコミの報道



アジアのスターで急浮上したチャン・グンソクが列島をひきつけた。
去る6日日本オリコンは“チャン・グンソクが4月27日発表したデビューシングル‘Let me cry/ Pony Canyon’が発売1週間ぶりに約12万枚の販売高を記録して9日付主幹ランキング1位に上がる気炎を吐いた”と報道機関報道資料を通じて大々的に発表した。

海外男性ソロ アーティストのデビューシングルで1位に上がった場合は1980年12月12日‘スニカブルース’でデビュー、ランキング1位を占めたコンドミニアム マサヒコ以来30年ぶりに初めて達成した記録だ。

日本言論はチャン・グンソクのこのような成績に“韓国ドラマ‘ハンサムですね(米男<イケメン>ですね)’の爆発的な人気以後続いたデビューにより一層その効果が倍加したこと”として“美しいながらも力を感じさせる容貌と雰囲気に歌を歌うチャン・グンソクにはロックスターのような魅力があふれ出る”と評価した。

また、一部は“本国で俳優として確固たる地位を構築した後日本で歌手でデビューしたという点、所属レコード会社はポニーキャニオンという点は故パク・ヨンハ氏を思い出すようにもしてより一層愛されるようだ”と伝えることもした。

一方チャン・グンソクは主演映画‘君はペット’撮影準備中であり‘2011チャン・グンソク アジア ツアーTHE CRI SHOW’のシンガポール、香港公演を終えてタイ、マレーシア、台湾、傷害公演に突入する予定だ。



その他のチャン・グンソク情報



posted by kazu at 12:16 | Comment(0) | TrackBack(0) | チャン・グンソク
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。

この記事へのトラックバック
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。