2011年04月29日

KARA和解!今後の活動は?



コルグループ カラーが所属会社紛争後100日ぶりに劇的和解に成功、今後歩みに関心が傾くことになった。
まず歌手としては来る6月末日本で発売される新しいシングルが'初めての作品'になる可能性が高くて、これに先立ち個人活動が先に成し遂げるようになることもある。

初めてのスケジュールは5月10日ミュージックビデオ撮影になる展望. これに先立ち去る疑惑らを解消して今後の活動のための記者会見を用意することもできる。 ある関係者は"メンバーらが直接話せる機会がありえるのか考えている"と話した。 また、長い間カラーの'再結合'を待ったファンらのための他のイベントも開催可能性がある。

個人活動も続く。 ク・ハラはSBS 'シティホント'撮影にまい進する予定であり、パク・キュリやはりMBC '神童、パク・キュリの深深打破'DJとして個人活動を持続する展望だ。 その間活動を中断してきたハン・スンヨン、ニコル、カン・ジヨン等も記者会見で立場を明らかにしたらバラエティープログラム出演なども可能なものと見られる。

歌手活動はすでに計画が立てられていた6月末日本新しいシングルで再開になる可能性が高い。 これはカラー3人とDSP間葛藤が完全に結末を見なくても契約関係上履行しなければならないスケジュールで、すでに新曲も用意されている状態だ。 もう葛藤も解消されたので、より積極的なプロモーションと活動が期待される。

新曲と関連した準備は概して終わった状態. カラーの五メンバーは去る27日日本ユニバーサル ミュージックと新曲録音を終えた。 パク・キュリとク・ハラは去る15日先に録音に突入したし、DSPメディアと葛藤を生じさせてきたハン・スンヨン、ニコル、カン・ジヨンも27日夜遅く録音を終えた。 ジャケット撮影は28日進行された。 一ヶ月余万に一ヶ所に集まった五メンバーらはこれらの劇的和解の便りが外部に知らされる間ジャケット撮影に突入した。 5月10日ミュージックビデオまで撮影したら事実上活動準備は終わることだ。

ある関係者は"五メンバーが一ヶ月余万にまた集まったが、雰囲気は大丈夫だった。 合意過程に大変で難しい点もあったが、メンバーらどうしよく和合すれば良いようだ。 もう熱心にすることだけ残った"と話した。



タグ:KARA
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。

この記事へのトラックバック
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。